本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



なぜ住宅街に? 羽田近郊の知られざる「航空の安全を願う」施設とは  始まりは"御巣鷹"より遥か前
羽田空港がある東京都大田区には、過去の経験から“空の安全を確保する”という強靭な意志を示す施設があります。ただ、その一方で、実は航空会社関係の施設ではないものもあります。その背景には、どのようなことがあったのでしょうか。...
別窓で開く

御巣鷹山「日航機事故」から37年 なぜフジテレビは生存者4人の救出劇を独占生中継できたのか
 フジテレビが視聴率トップの座から転落してから12年。そもそもフジはどうして強かったのか? それを知る格好の番組として、複数のOBらが挙げるのが、1985年8月13日の「FNNニュースレポート11:30」である。この番組内で日航ジャンボ機墜落事故現場からの独占生中継が行われた。この生中継にフジが強か...
別窓で開く

残骸の中から、白い手が一度だけ振られた。「ピカッ」とリングの指輪が光る。僕らは一目散に駆け出した。当時パーサーだった落合由美さんのダイヤリングだった。紺に白の水玉模様のワンピースが今も記憶に残る。1985年8月12日の日航機墜落事故から、いつのまにか37年の歳月が流れようとしている。当時、僕は新潮社...
別窓で開く

【御巣鷹山から37年】「なぜ、救助は翌朝に?」天国の夫に誓う墜落の真相究明
「21年間の結婚生活で夫婦げんかは一度もありませんでした。百貨店に行けば、私を着せ替え人形のように頭の先から爪先まで、ぜんぶコーディネートしてくれた主人です。生まれつき股関節脱臼がある私を『歩けなくなったら、必ずおんぶしてあげる』と。この幸せが、ずっと続くように祈っていました。あの年の8月12日、主...
別窓で開く

【御巣鷹山から37年】遺族の闘い「裁判に勝って、すべての真実を明らかに」
【前編】【御巣鷹山から37年】「なぜ、救助は翌朝に?」天国の夫に誓う墜落の真相究明から続く「ひとえに、主人がなぜ亡くならなければならなかったのかの事実、真実を知りたいだけなんです。今日の今日まで、日航から直接、事故原因を説明されたことなど、一度もないんですから」1985年8月12日に発生した日航12...
別窓で開く

東京都「首都直下地震等被害想定」の大ウソを暴く(16)遺体捜索隊員に「鶏肉の照り焼き弁当」が!防災会議は「御巣鷹」上野村村長の「静かな怒り」に学べ
 前回指摘した「医療機能マヒ」と同様、発災直後から直面することになる「遺体処理問題」についても、新被害想定での言及はわずか1ページに留まっている。 そこで思い出されるのが、85年に起きた日本航空123便墜落事故で、救助活動や遺体収容などの指揮を執った、群馬県上野村の黒澤丈夫村長が筆者に語った言葉であ...
別窓で開く

◆自衛隊の卵たちにスポットを 町田啓太(32)が主演し、自衛官候補生たちの青春が描かれるフジテレビの新連続ドラマ『テッパチ!』(水曜午後10時)が6日に始まる。ドラマと自衛隊の関係の分岐点となる作品になりそうだ。 18歳から32歳までの若者が集まる陸上自衛官候補生たちにスポットが当てられる。自衛官候...
別窓で開く


<前へ1次へ>