本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。


もしかして


大学入試「前日・当日」にやってはいけない6つのNG行動とは…専門家に聞いた
(さあ、入試本番で実力発揮!(C)共同通信社) 2月に入り、大学受験の一般入試シーズンが本番を迎えた。日々の受験勉強で積み上げてきたものも、入試本番の試験会場で発揮できなければ意味がない。しかし当然緊張はするし、気合いが入りすぎて空回りすることもある。...
別窓で開く

豊川悦司“トヨエツ”呼びイヤだった…受け入れられたのはあの人がきっかけ
 俳優の豊川悦司(60)が5日放送のTBS系「日曜日の初耳学」(日曜後10・00)にゲスト出演。「トヨエツ」の愛称について思いを語った。 ともに主演を務め、同局系で放送された1995年ドラマ「愛していると言ってくれ」や1997年の「青い鳥」などで見せた繊細な演技や唯一無二の色気と存在感であっという間...
別窓で開く

ラグビー元日本代表・五郎丸歩、クラブ運営の道に進んだ理由を告白
1月28日に放送されたサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系、毎週土曜24:25〜)は、ラグビー元日本代表の五郎丸歩がゲスト出演。ラグビーで行われている取り組みから、ブームを定着させるためのヒントを探った。今年の9月にはラグビーW杯のフランス大会が開催される。4年前の日本大会では、日本代...
別窓で開く

サッカーW杯の熱狂をブームで終わらせないためには?ラグビー界からヒントを探る
1月28日に放送されるサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系、毎週土曜24:25〜)は、ラグビー界で行われている新しい取り組みを特集。ラグビー元日本代表の五郎丸歩をゲストに迎え、熱狂をブームで終わらせないための方法を考える。大きな盛り上がりを見せたサッカーW杯のカタール大会。...
別窓で開く

平尾誠二「夢がないと面白くないでしょ」〜心に響くトップアスリートの肉声『日本スポーツ名言録』——第34回
(画像)NataliaCatalina.com/Shutterstock日本ラグビー界を技術力と精神性の両面から大きく発展させ、その功績で〝ミスター・ラグビー〟と呼ばれた平尾誠二。多くのファン、関係者に惜しまれながら、53歳の若さでこの世を去った伝説のラガーマンの生涯を振り返る。...
別窓で開く

バレー元代表の益子直美「そんなことやっているからダメになる」苦言受けることも 8年前から続ける活動明かす
20日、アスリートの社会貢献活動を推進し表彰する「HEROs AWARD 2022」の授賞式が都内で行われ、体罰教育を見直し、子どもたちを怒らずに指導することをめざす「監督が怒ってはいけない大会」を開催した女子バレーボール元日本代表の益子直美が表彰された。 益子は、体罰が当たり前だった自身の子ども時...
別窓で開く

サッカー日本代表の快挙で思い出される「スポーツ界最大のジャイアント・キリング」とは
■ブライトンでの一戦 過去のサッカーW杯を見て、開幕前の盛り上がりや代表チームへの注目度は今大会が最も低かったと言っても過言ではないかも知れない。そんな代表がドイツ、スペインを連続撃破するジャイアント・キリング(番狂わせ、あるいは大番狂わせ)を果たした。もちろん、これは偶然ではなく必然だという見方も...
別窓で開く

小学生に全国大会は必要か? Z世代がスポーツ教育の在り方を提言
TOKYO MX(地上波9ch)朝の報道・情報生番組「堀潤モーニングFLAG」(毎週月〜金曜7:00〜)。「モニフラZ議会」では、Z世代の論客が“スポーツ教育”の在り方について議論しました。◆成長期の小学生に全国大会は必要か?今年3月、全日本柔道連盟が毎夏開催していた小学生の全国大会の廃止を決定。...
別窓で開く

完全予約制のいなり寿司!? 福井・鯖江の新名物「串に刺さったおいなりさん」を食べてみた
福井県鯖江市の新名物グルメとして注目を浴びる『いなり屋 一咲』の「串いなり」 | 食楽web 日本屈指のメガネ生産地域として知られる福井県鯖江市。ここ鯖江は派手な繁華街などがない一方、地域に根付いた様々な名物グルメが存在します。 中でも開業してまだ2年足らずにして、すでに鯖江の新名物グルメとして絶大...
別窓で開く

「名濃バイパス6車線化」残り1.6km! 2月中旬に扶桑町内で集中工事
2023年度に犬山市内まで完了予定です。約11日間で一気に施工 愛知国道事務所は2021年2月1日(火)、国道41号名濃バイパスで行われている6車線化工事について、愛知県扶桑町の南新田交差点〜高雄道塚交差点の間の約500mにて、2月中に集中工事を行うと発表しました。...
別窓で開く


[ 五郎丸 ] の関連キーワード

キリング

<前へ123次へ>