本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



’47×NANGAのコラボキャップは耳付き&ボア仕様だから耳が寒くない!
寒い冬でもアクティブに外で遊びたい人なら、アメリカ・ボストン発祥のスポーツ・ライフスタイル・ブランド、?47(フォーティーセブン)と日本が誇る羽毛メーカー・NANGA(ナンガ)とのコラボレーションによるキャップ「NANGA AURORA TEX ’47 FLAP CAP」(7150円)が...
別窓で開く

〈ChatGPT〉登場で資産総額「過去最高」に…マイクロソフト「業績V字回復」の裏にあったサティア・ナデラCEOの戦略
(※写真はイメージです/PIXTA)2023年版「世界時価総額ランキング」では、3位のサウジアラムコを除き、上位10社のうち9社をアメリカ企業が占めています。そのようななか、マイクロソフトやアマゾン、メタ(旧フェイスブック)といった世界の誰もが知る大企業は、いまもなお成長を続けているのです。その秘密...
別窓で開く

お金の話をしない日本人…「詰め込み教育」と「清貧思想」がもたらす“この国の末路”
(※写真はイメージです/PIXTA)日本が「イノベーション後進国」と言われて久しいなか、『「見えない資産」が利益を生む GAFAMも実践する世界基準の知財ミックス』著者の鈴木健二郎氏は、日本の企業や個人はこれまで革新的な技術やアイデアを生み出している一方、日本独自の「詰め込み教育」と「清貧思想」の弊...
別窓で開く

なかやまきんに君 アメリカのボディービル大会準優勝の舞台裏を語る 大会へ向けての準備は「一切ボケずに仕事していました」
【ZIP!×entax】お笑い芸人のなかやまきんに君が、都内の大型ショッピングセンターで1日店長に就任。その様子が14日の日本テレビ系朝の情報番組『ZIP!』にて放送された。きんに君は、先日アメリカで行われた『Mr.マッスルビーチボディービル大会』で準優勝に輝き、大会後初めて公の場に登場。...
別窓で開く

米軍も認めた「上陸作戦のプロ」旧日本陸軍 なぜ太平洋戦争で崩壊? 空を押さえられた兵站の末路
日本陸軍の上陸作戦能力や海上輸送作戦能力は、1930年代末には、すでに完成の域に達していました。これらの軍事行動を支えていたのが「揚陸作業」です。地味ながら非常に重要、しかし危険な作業の実際とは。昭和初期の揚陸作業の実態 太平洋戦争中のアメリカ軍は、日本陸軍のことを「船から陸地(Ship to sh...
別窓で開く


<前へ1次へ>