本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



2024年2月27日、中国メディアの環球時報は、この1年で日中友好に多大な貢献をしてきた日本の文化、芸術界の著名人が相次いで亡くなったことを振り返るとともに、若い世代による日中友好に期待を寄せる記事を掲載した。記事は、日本の指揮者の小澤征爾さんが先日、長い闘病生活の末に亡くなったと紹介。...
別窓で開く

“展覧会で観て、アートフェアで買う”「CURATION?FAIR Tokyo」一般非公開の「kudan house」で初開催
1927年に建築され、登録有形文化財に登録されている東京・千代田区の「kudan house」で、2月22日(木)から3月11日(月)まで、アートイベント『CURATION?FAIR Tokyo』が開催される。通常は一般公開されていない歴史的建造物でアートに親しめる絶好の機会だ。...
別窓で開く

(プレスリリース)CURATION?FAIR Tokyo 展覧会「美しさ、あいまいさ、時と場合に依る」川端康成と大江健三郎の文化論をキュレーションの起点に、古美術から現代美術まで、時代やジャンルを超えた作品が集結。
2月22日(木)〜3月3日(日)展覧会「美しさ、あいまいさ、時と場合に依る(The beautiful, the ambiguous, and itself)」<br /><br />川端康成と大江健三郎の文化論をキュレーションの起点に、古美術から現代美術まで、時代やジャンル...
別窓で開く

(プレスリリース)死後、フロッピーディスクから見つかった安部公房の遺作『飛ぶ男』が2月28日に発売。
安部公房生誕100年記念<br /><br />安部公房生誕100年に当たる3月を期に、その遺作である『飛ぶ男』を新潮文庫より刊行いたします。1994年に刊行された『飛ぶ男』(単行本/新潮社)は安部公房の死後、長年寄り添った真知夫人が原稿に手を入れたバージョンでした。...
別窓で開く

「きっと才能あるよ」と励まされても…障害児を育てる親が苦しむ「電車が好きでも運転手にはなれない」現実
障害児を育てる親を励ますために、「この子にはきっと才能がある」と言葉をかける人がいます。その言葉に苦しむ親の“胸の内”を、筆者が自身の経験とともに語ります。「励まし」に苦しむ親も…(画像はイメージ)【イラスト】実は「偏食」も? 発達障害児にみられやすい行動5つ 子育て本著者・講演家である筆者の息子は...
別窓で開く

昼休みにトイレへ行くふり→本当は「水道水をがぶ飲み、空腹をしのぐ」…「貧しさ」を隠して生きる、本当の貧困の実態
(※写真はイメージです/PIXTA)貧しいかどうかは「見た目」で判断することができません。貧しい人は貧しさを恥ずかしいと考えて、できるだけ隠そうとするのです。本記事では、石井光太氏の著書『本当の貧困の話をしよう 未来を変える方程式』(文藝春秋)より、同氏が17歳の若者にもわかりやすく、日本の貧困の実...
別窓で開く

追悼・大江健三郎さん 『想像ラジオ』への評価を通して語っていたこと
3月31日、映画パーソナリティ・コトブキツカサがパーソナリティを務めるニッポン放送のインターネットラジオ番組「コトブキツカサのオールナイトニッポンi」(第296回)が更新。3月3日にこの世を去った作家・大江健三郎氏について語った。...
別窓で開く

<W解説>大江健三郎さん死去に韓国でも悼む声=生前、日韓の歴史問題について語ったこと
作家で、ノーベル文学賞受賞者の大江健三郎さんが今月3日、88歳で亡くなったことは韓国でも報じられ、追悼の声が上がっている。大江さんは生前、1970年に政権批判の詩を発表し投獄された詩人キム・ジハ氏の支援に携わるなど韓国とも縁が深い。大江さんは1935年愛媛県生まれ。54年に東京大学に入学し仏文科で学...
別窓で開く

ノーベル賞作家の大江健三郎氏死去…韓国でも追悼の声
戦後、日本文学を代表する小説家でありノーベル文学賞を受賞した作家大江建三郎氏が3日、死亡した。享年88歳。日本の人権と平和のために声を出してきた彼は、日本の原発、憲法改正、過去の歴史問題などを批判してきた進歩派の文学人と評価されてきた。亡くなったニュースが発表されたのは13日で、「3月3日早朝、老衰...
別窓で開く

小説家の大江健三郎さん88歳が逝去 芥川龍之介賞、ノーベル文学賞など受賞
小説家の大江健三郎さんが、2023年3月3日に亡くなっていたことが分かりました。享年88歳でした。株式会社講談社が同月13日に発表した内容によると、死因は老衰だとのこと。作家でノーベル文学賞受賞者の大江健三郎さんが3月3日未明、老衰のため逝去されました。享年88。葬儀は家族葬にて執り行われました。...
別窓で開く


<前へ12次へ>