本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



関西ダービー実現か 阪神・岡田監督とオリックスの“浅からぬ因縁”
話題のアスリートの隠された物語を探る「スポーツアナザーストーリー」。今回は、チームを18年ぶりのリーグ優勝に導いた阪神・岡田彰布監督と、もう1つの古巣・オリックスとの“因縁”にまつわるエピソードを紹介する。【プロ野球阪神対巨人】優勝インタビューに臨む阪神・岡田彰布監督=2023年9月14日 甲子園球...
別窓で開く

【キャンプ展望:阪神】「A.R.E」でオフの話題を独占。それでも、11年ぶり現場復帰の岡田彰布新監督に感じる不安<SLUGUGER>
かつて、ここまで期待と不安が同居した新指揮官がいただろうか。 2023年、阪神の指揮を執る岡田彰布監督のことだ。思い起こせば1年前、春季キャンプ直前に矢野燿大監督(当時)が22年限りでの辞任を電撃発表。そこからは、シーズン中にもかかわらず新監督候補として鳥谷敬氏、今岡真訪氏、藤川球児氏といった若手O...
別窓で開く

中日・落合監督(当時)に「きょうは監督の差で負けた」と言わせた阪神・岡田監督の「17年前のゲキ」
話題のアスリートの隠された物語を探る「スポーツアナザーストーリー」。今回は、10月16日に指揮官への復帰会見を開いた、阪神タイガース・岡田彰布新監督にまつわるエピソードを紹介する。プロ野球 ガリバーオールスターゲーム第1戦 全セ—全パ 中日・落合博満監督(左)と阪神・岡田彰布監督=2007年7月20...
別窓で開く

性格は「優等生」でも選手としては「ダイヤの原石」——「勝負の4年目」を迎える根尾昂に贈りたいイチローの金言<SLUGGER>
中日の根尾昂が「勝負の」4年目を迎える、ことになっているらしい。 確かに、周囲がそう煽りたくなる気持ちも分からないではない。プロ入り同期の小園海斗(広島)はすでに遊撃のレギュラーを獲得。さらに昨年は、ポジションこそ違うが1学年下の奥川(ヤクルト)や宮城大弥(オリックス)、佐々木朗希(ロッテ)も一軍で...
別窓で開く


<前へ1次へ>