本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



市川海老蔵 11月襲名興行に人間国宝ずらり 尾上菊五郎、片岡仁左衛門ら登場
 松竹は5日、11月に東京・歌舞伎座で開幕する市川海老蔵(44)の十三代目市川團十郎白猿襲名興行についての出演者を発表した。 第2部の「口上」には、当初予定していた松本白鸚(80)に加えて、尾上菊五郎(80)、片岡仁左衛門(78)、坂東玉三郎(72)、市川左團次(81)、中村梅玉(76)が登場。人間...
別窓で開く

團十郎襲名披露の「口上」に尾上菊五郎ら 11月歌舞伎座公演の出演者詳細が発表
 11月7日に東京・歌舞伎座で開幕する「市川海老蔵改め十三代目 市川團十郎白猿襲名披露『十一月吉例顔見世大歌舞伎』」(28日まで)の出演者の詳細が5日、松竹から発表された。 第2部の幹部俳優による「口上」には、当初の予定通り、尾上菊五郎を始め、松本白鸚、片岡仁左衛門、坂東玉三郎(22〜28日)、市川...
別窓で開く

大阪松竹座、開場100周年ロゴ&公式キャラを産学連携で制作 2023年は記念公演ずらり
大阪松竹座(大阪市中央区道頓堀)は、来年開場100周年を迎えるのを前に、「100周年アニバーサリーロゴタイプ」と「公式キャラクター」を発表した。 1923年5月、関西初の本格的な洋式劇場として建築・開場し、大阪空襲にも耐え、江戸時代から続く芝居街・道頓堀に今なお鎮座する。...
別窓で開く

好きな歌舞伎役者ランキング「1位は香川照之」の衝撃!選ばれた“まさか”の理由は?
歌舞伎のステージだけでなく、高い演技力や存在感で映画やドラマでも活躍する歌舞伎界のスターたち。しかし、女性問題などのスキャンダルで注目を集めることも少なくない。そんな彼らへの世間の印象はどのようなものなのか。本誌はクロス・マーケティングのQiQUMOなどを使い、282人にアンケート調査を実施。...
別窓で開く

尾上菊五郎は海老蔵に「愛想を尽かした」? 團十郎襲名に大御所の辞退が続出!
 2年半にわたる延期を経て歌舞伎の大名跡〈市川團十郎〉を襲名する、市川海老蔵(44)の「十三代目市川團十郎白猿襲名披露」までひと月あまり。このほど演目と出演者が決定したが、直後に出演者の辞退が相次いだ。歴史的な晴れ舞台を目前に控えて、何が起きているのか。 *** 今年の冬、寒さを肌で感じる11月から...
別窓で開く

香川照之、スキャンダルの影響は息子にも? 専門家は「間接的な影響が」
 銀座で狼藉という本誌(「週刊新潮」)の報道を機にたった2週間で、取り巻く環境がマイナス方向に180度転回してしまった香川照之(56)。うわさされる違約金地獄は乗り切れる? 歌舞伎界のポジションにまでケチがつくと、父子関係にも亀裂? *** 自業自得とはいえ、好感度が高かった俳優が数日にして嫌悪の対...
別窓で開く

藤原紀香 愛之助サポートで“監視”の京都通い…歌舞伎界で相次ぐ女性問題に危機感
「夫の愛之助さんが8月2日から28日まで京都の南座で行われた歌舞伎『坂東玉三郎 特別公演』に出演。そこで紀香さんは都合のつく限り東京から京都へ赴き、和服でロビーへ。もちろん贔屓筋や関係者へのおもてなしのためです」(歌舞伎関係者)ドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの?』(フジテレビ系)や、「くまの...
別窓で開く

伝説の連続KOシーン! 赤井英和ドキュメンタリー『AKAI』本編映像解禁
赤井英和の激闘を描くドキュメンタリー映画『AKAI』より、連続KO勝利の本編シーンが解禁。また、赤井のボクサー時代から親交のある歌舞伎俳優の坂東玉三郎や元WBA世界ライトフライ級王者の具志堅用高をはじめ、各界著名人から、今よみがえる“浪速のロッキー”の勇姿に絶賛コメントが寄せられた。...
別窓で開く

ベーコン、義経、玉三郎&智太郎も。岩合光昭さんのスター猫たちに会える豪華写真集
日本を代表する動物写真家の岩合光昭さんが贈るスター猫たちの写真集『あのネコに会いたい』(辰巳出版)が8月30日に発売される。『あのネコに会いたい』(辰巳出版)表紙を飾ったのは、映画『ねことじいちゃん』の主演を務めた猫のベーコンだ。10ページ以上にわたり自然と戯れるベーコンのナチュラルな姿が切り取られ...
別窓で開く

市川海老蔵、「團十郎」親子襲名に立ちはだかる壁 “親バカ”に関係者から疑問の声
「成田屋、待ってました!」と観客席から声の上がる日が近づいてきた。市川海老蔵(44)が「十三代目市川團十郎白猿」の襲名を披露する公演は、11月から始まる。合わせて長男・堀越勸玄(9)も「八代目市川新之助」として初舞台を踏むが、そこには壁が立ちはだかっている。 *** さすが当代きっての「かぶき者」だ...
別窓で開く


[ 玉三郎 ] の関連キーワード

歌舞伎座 仁左衛門 akai 菊五郎 團十郎
愛之助 海老蔵

<前へ123次へ>