本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



トランプ氏、24年大統領選に向けて本格始動「米国を再び偉大にする未完の仕事成し遂げる」
 【ワシントン=蒔田一彦】2024年米大統領選への出馬を表明した共和党のトランプ前大統領は28日、ニューハンプシャー州とサウスカロライナ州で演説し、支持を訴えた。昨年11月の中間選挙以降、党内での求心力低下が顕著となる中、立候補が有力視されるライバルに先駆けて選挙活動を本格化させ、巻き返しを図りたい...
別窓で開く

盾だけでなく矛まで買い与えたバイデンの胸の内 NATOの全面的団結を大義名分に決着はしたが・・・
コスト4億ドルは既存の「ウクライナ安全保障支援イニシアチブ」から 米国、ドイツ両政府は1月25日、それぞれの主力戦車、「エイブラムス」と「レオパルト2」をウクライナに供与すると発表した。 米独両国ともに対ロ政策や国内事情から戦車の供与に慎重姿勢を崩さなかった。...
別窓で開く

ロシア・ウクライナ戦争下で中欧・東欧人の6割が中国に反感—米メディア
米政府系ラジオ・フリー・アジアの中国語版サイトは18日、ロシア・ウクライナ戦争下で中欧・東欧13カ国の回答者の6割が中国に反感を抱いていることが米国の非営利団体、共和党国際研究所(IRI)による最新の調査で分かったとする記事を掲載した。記事によると、回答者の61%が中国に対して否定的な見方をしており...
別窓で開く

米テキサス州、中国など4カ国による土地購入を禁止する法案—仏メディア
2023年1月19日、仏国際放送局ラジオ・フランス・アンテルナショナル(RFI)中国語版サイトは、米テキサス州で中国など4カ国による土地購入を禁止する法案が議会に提出されたと報じた。記事は、米テキサス州議会上院で先日、ロイス・コルホスト議員が中国、イラン、北朝鮮、ロシアの4カ国の政府、企業、個人によ...
別窓で開く

日米首脳会談 内容の濃い会談だったが、イベント性と発信力に欠けていた
産経新聞ワシントン支局長の渡辺浩生氏が1月16日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。1月13日に行われた岸田総理と米バイデン大統領の会談について語った。...
別窓で開く

2023年びっくり予想!世界の金融機関がマジメにリポートした戦争、株価、為替、岸田首相辞任の行方
(終戦は近いとの読みも(C)ロイター=共同) 2023年はどんな年になるのか。昨年暮れから今月初めにかけて経済シンクタンクや証券各社が“びっくり予想”を次々と発表している。「まさか!」と声を上げそうになる内容も含まれる。当たって欲しい予想もあれば、そうでないものも……。 ◇  ◇  ◇ 昨年の「びっ...
別窓で開く

米国で取り沙汰される「プーチン斬首作戦」の危険度 核兵器使用にも現実味、米ロ全面対決の可能性も
 ロシアがウクライナに軍事侵攻してから来月で1年を迎える。 ロシア軍は病院や学校、住宅などへの攻撃も行っており、ウクライナ側に多数の死傷者が出ていることは周知の通りだ。 ロシア軍を率いるウラジーミル・プーチン大統領の非人道的な攻撃に対してはいま、許すべきではないとの見方が世界的に広がり、ウクライナだ...
別窓で開く

【2023年世界経済予想】先進国経済軒並みマイナス成長か! 景気底割れ8つのリスク...「中国」「米国」「サウジアラビア」「トルコ」、そして「日銀利上げ」も
2022年の世界経済は脱コロナを原動力に景気回復が期待されたが、ウクライナ戦争が勃発、エネルギー価格が高騰するなどインフレが加速した1年となった。2023年はその反動から世界経済の減速が進むと懸念されている。どの程度深刻なのか。エコノミストの分析を読み解くと——。■「景気減速、下降サイクルは既に後半...
別窓で開く

22年に終わらなかったウクライナ戦争、関係国・地域の現状と今後は—中国メディア
2022年12月30日、紅星新聞は、ウクライナ戦争の混乱が続く中で、ロシア、ウクライナ、ベラルーシ、米国、EUの状況や今後の見通しについて報じた。まずロシアについては、29日にプーチン大統領が原子力潜水艦4隻を新たに建造して「今後数十年間の安全を確保する」と発表したほか、これ以前にも陸上発射大陸間弾...
別窓で開く

2022年を振り返るキーワードは「Z」 その意味合いを大きく変えたウクライナ侵攻とアメリカ中間選挙
元航空自衛官で評論家の潮匡人氏が12月26日(月)、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』に出演。2022年を振り返るキーワードとして、アルファベットの「Z」を挙げた。...
別窓で開く



<前へ1234567次へ>