本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



中国、台湾総統選へ揺さぶりか…蔡英文氏の与党が地方選で大敗
 【北京=比嘉清太】台湾統一地方選の結果を受け、中台統一を目指す中国の習近平(シージンピン)政権と蔡英文政権とのせめぎ合いの焦点は、2024年の台湾総統選に移る。中国は米国の台湾問題への介入を強くけん制しつつ、政権奪還を目指す最大野党国民党を側面支援することで、与...
別窓で開く

米国の世界産業チェーン・サプライチェーンへの人為的破壊は支持を得られない=外交部
中国のチップメーカーとの業務を禁止する「国防権限法案(NDAA)」は法的根拠に欠けるとする米経済界の声について、中国外交部の毛寧報道官は25日の定例記者会見で、「米経済界の表明は、米国による世界の産業チェーン・サプライチェーンに対する人為的妨害と破壊行為が、当事者のどちらの利益にもならず、大衆の支持...
別窓で開く

米共和党にある「猛烈なトランプおろし」 それでも党の次期大統領候補はトランプ氏?
上智大学教授で政治学者の前嶋和弘が11月24日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。今後のアメリカ政治と日本との関係について解説した。【トランプ米大統領来日】羽田空港に到着し、ヘリから降りて大統領専用機へ向かうために傘を受け取るトランプ米大統領=2019年5月28日午後、羽田空...
別窓で開く

ASEAN拡大国防相会議で日米がロシアを非難した「もう1つの理由」
上智大学教授で政治学者の前嶋和弘が11月24日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。11月23日に開かれたASEAN拡大国防相会議について解説した。...
別窓で開く

下院の多数派が共和党になり、今後は「停滞の2年間」となる米バイデン政権
上智大学教授で政治学者の前嶋和弘が11月24日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。アメリカ中間選挙の結果と今後のバイデン政権について解説した。...
別窓で開く

アメリカではイメージが悪くない「旧統一教会」 その背景
上智大学教授で政治学者の前嶋和弘が11月24日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。アメリカでの世界平和統一家庭連合(旧統一教会)について解説した。...
別窓で開く

「今、強烈な『トランプおろし』が始まっている」 アメリカ外交政治専門の政治学者が指摘
アメリカ政治を専門とする、上智大学教授で政治学者の前嶋和弘が11月24日(木)、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』に出演。中間選挙後のアメリカ政治と今後の日米関係について熱く語った。...
別窓で開く

SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」
(生まれた時代が…(写真はイメージ)(C)日刊ゲンダイ) 団塊ジュニア世代は1971〜74年生まれを指し、就職氷河期の先頭を走り、「失われた世代」(ロスジェネ世代)の代表として不遇をかこってきた。そんな彼らが70歳前後になる2042年、日本の高齢者人口は3935万人でピークを迎える。...
別窓で開く

「なぜデマは真実よりも速く、広く、力強く伝わるのか?」SNSに潜むウソ拡散のメカニズムを、世界規模のリサーチと科学的研究によって解き明かした全米話題の1冊『デマの影響力──なぜデマは真実よりも速く、広く、力強く伝わるのか?』が日本に上陸した。ジョナ・バーガー(ペンシルベニア大学ウォートン校教授)「ス...
別窓で開く

アメリカ中間選挙後の共和党は?ポストトランプ"大戦争へと突入するのか!?
2年後に行なわれる大統領選への出馬を正式に表明した、ドナルド・トランプ前大統領11月8日に行なわれたアメリカ中間選挙。下馬評では共和党が危なげなく勝つとみられていたが、上院は負け、下院も数議席しか上回れないという結果に。原因となったのは、またしてもあの男——トランプだ!2024年に迫った大統領選に立...
別窓で開く


[ 共和党 ] の関連キーワード

twitter asean 統一教会 アメリカ ロシア