本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



挑発レベルが上がる北朝鮮 核実験とICBMミサイルの目的は「強い立場での交渉」
アジア・パシフィック・イニシアティブ主任研究員の相良祥之が5月19日(木)、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』に出演。アメリカ、バイデン大統領の日韓歴訪中、北朝鮮がICBM(大陸間弾道ミサイル)を発射する準備を進めているとの報道について言及し、より強い球での交渉を狙っていると解説した...
別窓で開く

スウェーデンとフィンランドのNATO加盟申請が「ウクライナとロシアの和平交渉」にどう影響するか
アジア・パシフィック・イニシアティブ主任研究員の相良祥之が5月19日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。米ホワイトハウスでのスウェーデン・アンデション首相、フィンランド・ニーニスト大統領の両首脳とバイデン大統領の会談について解説した。...
別窓で開く

北朝鮮TVでコロナ「非常防疫大戦」 「ゼロ主張」から一転のワケ (THE TIME,)
新型コロナウイルスへの国内感染を認めたばかりの北朝鮮では、国営テレビの緊急放送で「消毒」などを訴えたが、医療部門の幹部を叱責する金正恩総書記の手にはタバコが持たれたまま。チグハグな対応ぶりを、17日(2022年5月)の「THE TIME,」が伝えた。MCの安住紳一郎が切り出した。「きのう(16日)の...
別窓で開く

対日関係の修正は極めて未知数な韓国新政権の脆弱基盤  文在寅政権支えた旧与党が6割の議席占める状態
産経新聞ソウル支局長の桜井紀雄氏が5月11日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。韓国・ソウルで行われた尹錫悦(ユン・ソンニョル)氏の大統領就任式について解説した。...
別窓で開く

北朝鮮の核ミサイルが急襲的に日本に落下するリスクが浮上するいま、検討すべき「迎撃システム」
元航空自衛官で評論家の潮匡人が5月9日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。北朝鮮が発射したSLBMと推定される弾道ミサイルについて解説した。平壌で軍事パレードを観覧する北朝鮮の金正恩総書記=朝鮮中央通信が2022年4月26日に配信 AFP=時事 写真提供:時事通信北朝鮮がSL...
別窓で開く

戦勝記念日を機にロシアは戦線を拡大するのか、縮小するのか
元航空自衛官で評論家の潮匡人が5月9日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。プーチン大統領が、戦勝記念日を前に国民に向けて発表したメッセージについて解説した。...
別窓で開く

尹錫悦政権になっても韓国の対日政策が「180度変わる」ことは期待できない
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が5月6日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。5月10日に行われる尹錫悦(ユン・ソクヨル)次期大統領の就任式について解説した。...
別窓で開く

〈電撃訪朝から20年〉北朝鮮を訪れた小泉純一郎が「金正日には『もう会わなくていい』と…」日朝平壌宣言の“知られざる裏側”
ミサイル発射、拉致問題…日本に害を加える90年代の北朝鮮が日朝関係改善に乗り出した“身勝手な理由”「『強盛大国』の実現には…」 から続く 2022年は、歴史的な「小泉訪朝」から20年の節目となる。それまで拉致被害者の存在を頑なに否定していた北朝鮮当局と金正日がこれを認めて謝罪し、一部被害者の方の...
別窓で開く

北朝鮮の新型戦術誘導兵器 中距離の戦術誘導ミサイルならば日本にとって「戦略兵器」
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が4月19日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。北朝鮮の新型戦術誘導兵器の発射実験について解説した。【金正恩氏 国際危機さなか核戦力増強】「初級党書記大会」で開会の辞を述べる北朝鮮の金正恩朝鮮労働党総書記(朝鮮中央通信=共同)撮影日:2022...
別窓で開く

ロシアを「北朝鮮化」してアメリカに挑もうとする中国の狙い
自由民主党・参議院議員の青山繁晴が4月20日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ウクライナ情勢について解説した。...
別窓で開く