本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



辛坊治郎「トルコ大統領選に向けた思惑」 北欧2カ国のNATO加盟をトルコが支持した背景
キャスターの辛坊治郎が6月30日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。北欧2カ国のNATO(北大西洋条約機構)加盟をトルコが一転して支持した経緯について、持論を展開した。28日、覚書の署名後に記念撮影に応じる首脳ら。...
別窓で開く

日韓豪NZがパートナー国としてNATOに招かれた理由 米中対立時代を見据えた新たな「戦略概念」
東京外国語大学教授で国際政治学者の篠田英朗が6月30日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。12年ぶりに改定されたNATOの戦略概念について解説した。...
別窓で開く

どうにも腑に落ちない渋野日向子の全米女子プロ棄権 勝ちたいなら米国に腰を据えるべき(菅野徳雄)
(大会3日目スタート前に棄権した渋野(C)共同通信社)【プロツアー激辛情報】 全米女子プロゴルフ選手権の2日目を通算3オーバー54位のカットライン上で予選通過した渋野日向子だったが、体調不良のため決勝ラウンドを棄権した。3日目の朝、練習場でボールを数発打ったところで棄権を決断したようだ。...
別窓で開く

神宮外苑の再開発問題 自然にも文化にもスポーツにも愛がない人たちが都民のオアシスを破壊する(ラサール石井)
(樹齢100年の巨木約1000本が伐採される(C)共同通信社)【ラサール石井 東憤西笑】 神宮外苑の再開発に住民が反対しているのはご存じだろう。樹齢100年もの巨木が1000本近く伐採されるという。しかしよく調べてみると、開発はそれだけの問題ではなかった。 反対運動の中心はアメリカ人のロッシェル・カ...
別窓で開く

「中絶問題」を中間選挙の争点にして“不利な流れ”を変えたい「米民主党」
明海大学教授で日本国際問題研究所主任研究員の小谷哲男が6月29日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。米民主党が中間選挙の起爆剤としたい中絶問題について解説した。...
別窓で開く

ロシアが核兵器をちらつかせる可能性も フィンランドとスウェーデンがNATO加盟へ前進で
明海大学教授で日本国際問題研究所主任研究員の小谷哲男が6月29日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。トルコが容認したフィンランドとスウェーデンのNATO加盟について解説した。...
別窓で開く

台湾有事の際、日本はウクライナ情勢における「ポーランドの役割」を果たすことになる
明海大学教授で日本国際問題研究所主任研究員の小谷哲男が6月29日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。首脳宣言のなかで、2年連続で台湾海峡について言及したG7サミットについて解説した。...
別窓で開く

世界中で始まった“バブル崩壊”…1980年代前半の悪夢が再来か(杉村富生)
(レーガン米大統領(当時) (C)Newscom/共同通信イメージズ) バブル崩壊の足音が聞こえる。いや、すでに、バブル崩壊は始まっている。実態のないミーム株、仮想通貨の暴落、箱物上場と称されたSPAC市場の壊滅的な状況が好例だろう。 FRBはコロナショックに対応、猛烈な流動性の供給を行った。この結...
別窓で開く

大きな「キープレイヤー」となりつつある「インドの存在」
神奈川大学法学部・法学研究科教授でアジアの国際政治専門の大庭三枝が6月23日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。オンラインで開催された新興5ヵ国(BRICS)首脳会議について解説した。...
別窓で開く

日本で唯一の地上戦「沖縄戦」を忘れてはならない
神奈川大学法学部・法学研究科教授でアジアの国際政治専門の大庭三枝が6月23日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。沖縄「慰霊の日」について解説した。...
別窓で開く