本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



吉永小百合、『あゝひめゆりの塔』で疑似体験した戦争の恐ろしさ 平和の願いも語る
俳優の吉永小百合(77)が10日、千葉・流山市にあるスターツおおたかの森ホールで行われた、「第11回戦争の記憶と記録を語り継ぐ映画祭」にゲスト出演。1968年に公開された映画『あゝひめゆりの塔』舛田利雄監督)上映後のトークショーで、撮影時の思い出や平和への思いを語った。...
別窓で開く

77回目の長崎「原爆の日」 被爆者の方の経験を記録して残すべき
経済アナリストのジョセフ・クラフトが8月9日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。長崎に原爆が投下されてから77年目を迎える「原爆の日」について解説した。被爆から77年の原爆の日を迎え、「長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典」で放たれたハト=2022年8月9日午前、長崎市の平和公園 ...
別窓で開く

「サハリン2」の日本企業の権益 再契約には厳しい条件を突きつけられる可能性も
国際政治学者で慶應義塾大学教授の神保謙が8月5日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。「サハリン2」の権益について解説した。ロシア・サハリン州の液化天然ガス基地(上)から運搬船に延びるパイプ=2009年(共同) 写真提供:共同通信社サハリン2の権益について飯田)日本は「サハリン...
別窓で開く

欧米はウクライナになぜ「HIMARS」や「NASAMS」をもっと供与しないのか
 ウクライナ軍の反攻は、いつになったら始まるのか?──そう思いながら、国際ニュースを閲覧している人は多いかもしれない。ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領(44)は「6月反攻」を宣言していたが、ロシア軍の猛攻にウクライナ軍は敗走を重ねている。 *** かつてはウクライナ軍の圧勝が報道されて...
別窓で開く

ロシア・プーチン大統領とトルコ・エルドアン大統領の会談の「最大の案件」
国際政治学者で慶應義塾大学教授の神保謙が8月5日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ロシアのプーチン大統領とトルコのエルドアン大統領の会談について解説した。...
別窓で開く

核兵器使用をほのめかすロシアが「新START条約」見直しにまんざらでもない その「複雑な理由」
国際政治学者で慶應義塾大学教授の神保謙が8月5日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。広島の原爆慰霊碑に献花し、ウクライナでの核兵器の使用を否定したロシアのガルージン駐日大使について解説した。...
別窓で開く

「核」に対して慎重になりつつあるロシア その背景を国際政治学者が指摘
国際政治学者で、慶應義塾大学教授の神保謙が8月5日(金)、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』に出演。ロシアの核使用の可能性について、NPTの再検討会議でロシアが慎重な方向に振れていると指摘し、ウクライナ侵略の数ヶ月が、ロシアにも核の重さを再認識させたと指摘しました。...
別窓で開く

ドンバスにシリア…過去の紛争を足し算した進化なき「ロシアの戦い方」【ウラジーミル・プーチンとは何者か】
(多くの人が4歳女児の死を悼んだ(C)Maxym Marusenko/NurPhoto/共同通信イメージズ)【ウラジーミル・プーチンとは何者か】#59 ウクライナでのロシアの戦い方を簡単に言えば、2014年の東部ドンバス地方の紛争と、15年のシリア軍事介入を「足し算」したようなものだ。...
別窓で開く

財界総理が「格差や貧困の解消が重要」と連呼? 抽象的な「新しい資本主義」に意識改革迫る
(十倉雅和経団連会長(C)共同通信社)【政官財スキャニング】#32政界通(以下=政) 経団連の十倉雅和会長が、日本が抱える重要課題のひとつに「格差や貧困の固定化」を挙げているそうだな。財界通(同=財) さすが、耳が早いな。その通りで、十倉会長は最近、会合の挨拶など発言の機会があるたびにそう指摘してい...
別窓で開く

クリミア併合時に脚光浴びた「美人検事長」が異例の反戦【ウラジーミル・プーチンとは何者か】
(2014年、検事長の頃のナタリア・ポクロンスカヤ(C)Sputnik/共同通信イメージズ)【ウラジーミル・プーチンとは何者か】#56 ロシアという舞台でさまざまなキャラクターが踊る「プーチン劇場」。主役ばかりに目が行きがちだが、脇役も面白い。脚光を浴びた後、勢いを失った「あの人は今」的な政治家もい...
別窓で開く