本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「白紙革命」とは、昨年11月末に中国の複数の都市で起きた抗議集会。言論統制を皮肉り、白紙を掲げて抗議したことに由来する。当初、ゼロコロナ政策への抗議だったが、その後、政府批判や習近平政権の退陣要求に発展し、世界中が注目。そして、その抗議の波は日本にも及んだのだった!◆日本に渡った「天安門2世」が抗議...
別窓で開く

白紙運動で流れは変わるか? 習近平政権、3期目に突入
意外と知らない社会的な問題について、ジャーナリストの堀潤さんが解説する「堀潤の社会のじかん」。今回のテーマは「習近平政権3期目」です。独裁体制の続く中国。白紙運動で流れは変わるのか。10月23日に中国で習近平政権の3期目が始まりました。中国の政治は、毛沢東後は、共産党幹部たちが複数人で協議をし、最終...
別窓で開く

「ゼロコロナ政策緩和」せざるを得なくなった習近平政権の「危うい現状」
青山学院大学客員教授でジャーナリストの峯村健司が12月20日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ゼロコロナ政策を緩和せざるを得なくなった習近平政権の現状について解説した。...
別窓で開く

「もう中国に帰るつもりはありません」警察に1ヶ月拘禁されたことも…《21歳・青年活動家》が語った「思想弾圧のリアル」
 11月末から都内各地や大阪などで連日のように行われた在日中国人による「ゼロコロナ」抗議デモ。なかでも現場で一際目立っていたのが、民主化団体「民主中国陣線」メンバー盧家熙(ルウ・ジアシー)さんだ。 今年4月に来日したばかりの彼は、大多数の参加者が自身のプライバシーを厳重に守って活動するなか、テレビカ...
別窓で開く

ゼロコロナ政策への抗議デモ「白紙革命」は"習近平独裁"崩壊への一歩となるか?
12月3日に大阪で開かれた抗議集会の様子。解散後、一部がプラカードを持って中国駐大阪総領事館の前を「散歩」し、抗議を訴えた中国のみならず、日本やアメリカなど各地で行なわれたゼロコロナ政策への抗議デモ、通称「白紙革命」。現在は落ち着きを見せているが、政府を激しく批判する声は驚きをもって受け止められた。...
別窓で開く

—[言論ストロングスタイル]— ◆「世界征服」を本気で目論んだ現代中国の祖・毛沢東 江沢民、死す。かつての中国の最高指導者が、96歳で死去した。 現代中国は、毛沢東から始まる。毛沢東は、共産党に入党するや、権力闘争に勝ち抜き、反対派を全員粛清。中国国民党の弾圧から逃れ、中国全土を「抗日戦争」に持って...
別窓で開く

「大学に申請しなくていいの?」大阪の“総領事館突撃”集会…気弱な中国人留学生に密着して見えた革命の正体
 11月25日にはじまった反ゼロコロナ政策・反習近平政権をとなえる中国の政治運動「白紙運動」(白紙革命)は、当局の徹底した封じ込めと、コロナ対策の緩和もあって、中国国内ではわずか数日で沈静化した。運動は今後、先細りする可能性が高いが、日本など各国では中国人留学生らがいまなお活発に動いている。...
別窓で開く

江沢民氏の業績は「天安門事件」対応ではない 追悼大会で習近平氏は称賛したが
ジャーナリストの佐々木俊尚が12月7日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。北京で行われた江沢民元国家主席の追悼大会について解説した。中国の江沢民元国家主席の死去を伝える1日付の現地各紙=2022年12月1日 中国・北京 写真提供:産経新聞社江沢民氏の追悼大会、習氏が天安門対応...
別窓で開く

中国の大富豪たちはなぜ続々と巨額寄付を始めたのか? 「共同富裕」のカラクリを解説
毛沢東で日本人が連想するのは天安門の肖像画だが、中国人にとっては人民元紙幣に描かれた肖像画の方だろう。富の偏在化が進む中国では、そんな人民元の再分配を大富豪に迫る政策がすすめられている今年10月に行なわれた中国共産党大会で、習近平政権の3期目発足が確定となった。...
別窓で開く

国内不満を外に逸らすため「台湾侵略」を行う可能性が高くなった中国
ジャーナリストの須田慎一郎が12月5日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ミシェルEU大統領との会談のなかでゼロコロナ政策緩和の可能性を示唆した中国・習近平国家主席について解説した。...
別窓で開く


[ 共産党 天安門 ] の関連キーワード

天安門 リアル 江沢民

<前へ1234567次へ>