本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



秋篠宮家の公用車は中古「レクサスLS」、佳子さまは「フーガ」…皇室の知られざるカーライフとは
 自動車情報誌「ベストカー」のWeb版は1月1日、「秋篠宮家の公用車レクサスLSはなんと中古車だった!! 皇室のクルマ最新事情」との記事を配信した。 *** 1月7日、秋篠宮家の次女・佳子さま(27)は、東京都八王子市の武蔵陵墓地を訪れ、昭和天皇が埋葬されている武蔵野陵を参拝された。 この日は昭和天...
別窓で開く

佳子さまの結婚をめぐる憶測の報道は遺憾と宮内庁幹部
秋篠宮家の次女、佳子さまの結婚に関する報道が週刊誌などで相次いでいることについて、秋篠宮家側近の宮内庁幹部が「遺憾であり、静かに見守っていただきたい」と要望しました。これは秋篠宮家側近の加地隆治皇嗣職大夫が、佳子さまの結婚観や結婚相手などに関する報道が週刊誌などで相次いでいることについて、定例の会見...
別窓で開く

 宮内庁の西村泰彦長官は27日の定例記者会見で、秋篠宮家の長男でお茶の水女子大付属中3年の悠仁さま(15)の進学先をめぐる週刊誌などの報道について、「受験期を迎えている未成年者の進学のことを毎週のように報道し、中には臆測に基づくと思われる記事も見られるのはいかがなものか」とした上で、「静かに見守って...
別窓で開く

佳子さま“私も愛に生きる”宣言?結婚後も“眞子さん賛美”を続ける理由
「佳子さまのお歌からは、お姉さまの眞子さんとの変わらぬ絆の強さが伝わってきました」そう語るのは宮内庁関係者。歌会始の儀で佳子さまが詠まれたのは次のお歌だった。《窓開くれば金木犀の風が入り甘き香りに心がはづむ》このお歌について宮内庁はこう解説している。《佳子内親王殿下が、秋のある日にお部屋の窓を開ける...
別窓で開く

信子さまに久子さまも応援!高まる「愛子さまを“皇室の顔”に」の期待
1月18日に開催された歌会始の儀。天皇皇后両陛下の長女・愛子さまは《英国の学び舎に立つ時迎へ開かれそむる世界への窓》と、高校2年生の夏にイギリスのサマースクールに参加された思い出を詠まれた。愛子さまの初めてのお歌が披露された歌会始の儀で、ある方のお歌も注目を集めていた。...
別窓で開く

秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧
<一般論として、受験期を迎えている未成年者の進学のことを、臆測に基づいて毎週のように報道するのは、メディアの姿勢としていかがなものか> このところ相次いでいる、長男の悠仁さま(15)の進学先をめぐる報道に、秋篠宮家の側近トップである宮内庁の加地隆治皇嗣職大夫が、24日文書で苦言を呈した。...
別窓で開く

「愛子も子どもが大好きなので」笑顔の皇后雅子さまがその裏で感じる“不安や恐れの波”〈メディアの“愛子天皇”待望論を目にされることは…〉
「ハイテンションになっておられるわけでは…」皇后雅子さまは“皇室外交”へ万全のご準備〈メラニア夫人から“新たに知識を得るチャンスをいただいた”〉 から続く 天皇皇后両陛下の長女・愛子さまは、今年初めて新年祝賀の儀に出席され、歌会始の儀ではお歌を披露されるなど、両陛下のサポートのもと、成年皇族とし...
別窓で開く

悠仁さまの進学先巡る報道 側近トップが苦言「静かに見守って」
 秋篠宮家を補佐する側近トップである宮内庁の加地(かち)隆治・皇嗣職大夫(こうししょくだいぶ)は24日、秋篠宮家の長男悠仁さま(15)の進学先を巡って週刊誌報道が相次いでいることに関し、「一般論として、受験期を迎えている未成年者の進学のことを、臆測に基づいて毎週のように報道するのは、メディアの姿勢と...
別窓で開く

「悠仁さま」高校進学 宮内庁からあがる「特別ルート批判」以上の懸念材料とは?
■日本屈指の伝統ある名門校 秋篠宮家の長男・悠仁さま(15)の筑波大附属高校への進学が取り沙汰される中、特別ルートと呼ばれるその進学方法が批判の対象となりかねないことに宮内庁は気をもんでいるという。その一方で、それ以上の懸念材料も存在するとされる。一体どういう問題なのか。 まず、最近にわかに話題にさ...
別窓で開く

皇室も宮内庁も情報発信を一から考え直さないと誤解と悲劇は続く
【皇室のトリビア】#50 皇室には不思議なことがいろいろある。 例えば、昨年12月に愛子さまは20歳の誕生日を迎えたが、それに先立って宮内庁はテレビ局に映像を提供している。愛子さまが愛犬の「由莉」と一緒に御所の庭を散策される映像や三の丸尚蔵館の美術品を鑑賞される映像がそうだ。...
別窓で開く


[ 宮内庁 秋篠宮 ] の関連キーワード

レクサス 宮内庁 秋篠宮