本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



韓国外相、NATO事務総長と「会談」…「国際社会の団結した北核危機への対応に共感」
韓国のパク・チン(朴振)外相は29日、NATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長と会談し、朝鮮半島の平和のための協力強化を期待した。韓国外交部(外務省)によると、パク外相とストルテンベルグ事務総長は「韓-NATO関係」「朝鮮半島問題」「地域情勢」などについて意見交換した。...
別窓で開く

NATO事務総長が訪韓=外相と連携強化で一致
 【ソウル時事】北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は29日、韓国を訪問し、朴振外相と会談した。両氏は北朝鮮の核問題やウクライナへの支援に関して連携を強化することで一致した。ストルテンベルグ氏は30日に韓国を離れ、日本を訪れる。 韓国外務省によると、ストルテンベルグ氏は北朝鮮の核・...
別窓で開く

北朝鮮、「アメリカの『ロ朝武器取引説」はデマ…面白くない結果に直面する」
北朝鮮は29日、ロシアに武器を供給したという疑惑について再度否定し、アメリカに向けて「このままデマを広げれば、面白くない結果に直面することになる」と非難した。...
別窓で開く

「主力戦車の供与は反人倫的犯罪」北朝鮮、米のウクライナ支援を非難
北朝鮮外務省は29日、クォン・ジョングン米国担当局長名で談話を出し、米国のウクライナに対する主力戦車供与を非難した。朝鮮中央通信が伝えた。談話は、「米国がロシアの正当な安全利益を侵害し、NATOの東進をエスカレートさせなかったなら、今日のようなウクライナ事態は起こらなかった」と指摘。...
別窓で開く

ミサイル実験は過去最多の38回、第二子の“お披露目”…北朝鮮の元外交官が語る、「金正恩が狙っているモノ」
 昨年1年間で過去最多となる38回、72発のミサイル発射実験を行い、昨秋には核を先制攻撃に使用する条件を定めた核武力の法制化を宣言した北朝鮮。 金正恩総書記は、公の場への登場が初めてとなる娘のジュエをミサイル発射実験の現場に同行させ、140tの大出力固体燃料エンジンの燃焼実験に初めて成功したことを発...
別窓で開く

<W解説>韓国・尹大統領の歴訪は失敗?弔問外交、首脳会談、暴言めぐり批判の嵐
韓国のユン・ソギョル(尹錫悦)大統領は海外歴訪を終え、24日、帰国した。しかし、今回の歴訪は国内で酷評されている。野党は「外交惨事」などと批判を強めている。尹氏は18日から5泊7日の日程で英国、米国、カナダを訪問した。19日には、ロンドンのウェストミンスター寺院で営まれたエリザベス英女王の国葬に参列...
別窓で開く

「北の労働者」が担うロシア後方支援の実情と祖国・北朝鮮が変貌を遂げていく可能性
去る9月6日の東京新聞の報道によれば、ウクライナ東部のドンバス地域を「再建」するべくロシアが投入した北朝鮮労働者は、「勤勉で生産性が高い」という。8月3日の当ニュースサイトで「ウクライナ紛争は大チャンス!? ロシア軍を援護する『北朝鮮労働者』のしたたかな狙いとは?」をお届けしたが、それが現実となり、...
別窓で開く

<W解説>ようやく「懇談・略式会談」までこぎつけた日韓首脳
岸田文雄首相と韓国のユン・ソギョル(尹錫悦)大統領が21日(日本時間22日)、ニューヨークで約30分間にわたり懇談した。両首脳は元徴用工問題などを念頭に懸案を解決し、日韓関係を健全に戻す必要性を共有した。両首脳が対面で言葉を交わすのは、今年6月にNATO(北大西洋条約機構)首脳会議に出席するため訪れ...
別窓で開く

“リモート公務”の今こそ、岸田総理は「内閣改造人事の意図」を国民に説明するべき 青山繁晴議員が指摘
作家で自由民主党・参議院議員の青山?晴が8月23日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。新型コロナウイルスに感染し、リモート公務を開始した岸田総理について解説した。...
別窓で開く

北朝鮮兵10万人のロシア軍投入でNATOがついに応戦開始!? プーチンvs連合軍の「リアル核戦争」は始まるのか?
8月5日、ロシア誌『国防』のイゴール・コロチェンコ編集長(ロシア陸軍予備役大佐)がロシアのテレビ出演時に『北朝鮮軍10万人がウクライナに来て紛争に参加する準備ができている』と話した、とニューヨークポストが伝えた。元・陸上自衛隊中央即応集団司令部幕僚長の二見龍元陸将補はこの報道に接し、戦況を次のように...
別窓で開く


[ 外務省 北朝鮮 nato ] の関連キーワード

ウクライナ アメリカ nato リアル ロシア
北朝鮮

<前へ123次へ>