本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



安倍氏国葬、4300人参列へ=海外700人、中ロ代表も
 政府は22日、安倍晋三元首相の国葬に4300人程度の参列が見込まれると発表した。国内は約3600人、海外は218の国と地域、国際機関から約700人。中国は全国政治協商会議(政協)の万鋼副主席、ロシアはシュビトコイ国際文化協力担当大統領特別代表が来日する。国葬は27日に日本武道館で行われる。...
別窓で開く

中国・栗戦書全人代委員長が訪韓—実質的進展は共産党大会終了後か、焦点は依然としてTHAAD
中国全国人民代表大会常務委員会の栗戦書委員長が15日から17日にかけて韓国を訪問し、尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領や金振杓(キム・ジンピョ)国会議長ととの会談も行った。しかし中韓関係の実施的な進展は10月16日に始まる中国共産党全国代表大会(中国共産党大会)の終了後との見方が出ている。...
別窓で開く

日本と中国「復交三原則」「二分法」
田中角栄総理や周恩来総理らが署名した両国政府の「共同声明」の前文に「日本側は、中華人民共和国政府が提起した『復交三原則』を十分理解する立場に立って国交正常化の実現をはかるという見解を再確認する」などとある。「復交三原則」とは「中華人民共和国政府が中国を代表する唯一の合法政府である。台湾は中国の不可分...
別窓で開く

日本にただいま潜伏中…国営放送CCTVの元編集委員「中国の池上彰」がぶちまける中国メディアの内情
 近年、コロナ禍のなかで中国のジャーナリズム界の大物が日本に移り住んだ。その名は王志安。かつてCCTV(中国中央電視台)で人気報道ドキュメンタリー番組の調査記者および解説員を務めていた、中国では顔と名前が広く知られている人物だ。彼は学生時代に天安門事件のデモに参加した経歴を持ち、CCTVでも体制との...
別窓で開く

なぜ米空軍の訓練で「100年前の中国の地図」が使われる? 習近平の妄執の背景にある「国恥地図」
 台湾を巡って米中間の緊張が高まっている。そうした中、米空軍の教育訓練では、約100年前の中国地図が使用されたという。軍事衛星もある時代に、なぜそんな古いモノを使うのか。実は、この地図には習近平政権の意図を読み解く鍵が隠されているのだ。【譚 ろ美/作家】 *** 台湾海峡やアジア太平洋地域の安全を脅...
別窓で開く

今後、「習近平色」を薄める動きが出てくる可能性もある中国
中央大学法科大学院教授で弁護士の野村修也と、青山学院大学客員教授でジャーナリストの峯村健司が8月30日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。極東で行われるロシアの大規模軍事演習について、また、今後の中国国内の体制について解説した。25日、教師や学生代表との座談会で重要演説を行う...
別窓で開く

羽生結弦、ビジネスの新天地は中国か 日中国交正常化の記念行事に登場するといううわさも
 プロ転向後、初の公開練習を行った羽生結弦(27)は、すべり出しから飛ばしていった。報道25社の単独取材に応じ、開設したYouTubeのチャンネル登録者数は一気に70万人に迫る勢い。当の本人はスケートを続ける意気込みを語ったが、その“新天地”は日本のみならず、かの国となる可能性もあって……。...
別窓で開く

日中の高官級会談で台湾問題に関する立場の違いが明らかに…「率直な対話、疎通の維持」=韓国報道
中国と日本が高官級会談を開催した。台湾問題で外相会談が不発に終わってから半月ぶりのことだ。日中両国の外交・安保最高位参謀は台湾情勢に対して依然として立場の違いを確認しながらも、両国間の疎通を持続することにした。今月18日、中国外交部によると、中国共産党の楊潔篪(ようけつち)外交担当政治...
別窓で開く

北朝鮮、中国への書簡でペロシ議長の台湾訪問を非難 「容認できない政治的な挑発行為」
北朝鮮が、ナンシー・ペロシ米下院議長の台湾訪問を強く非難する書簡を中国共産党に送ったことを明かした。10日、北朝鮮・朝鮮中央通信は労働党中央委員会が前日(9日)、中国共産党中央委員会に書簡を送信したと報道。これに先立ち、北朝鮮は去る3日にも外務省報道官と朝鮮中央通信記者の問答形式を通して、ペロシ議長...
別窓で開く

<ペロシ氏訪台>中国、軍事的な衝突は望まず=米政権も先鋭的な対立抑制—試される「外交力」
ペロシ米下院議長の台湾訪問を受け、中国は大規模軍事演習で対抗姿勢を示した。米中両国にとって決定的な対立の回避と台湾問題の平和的解決は共通の利益である。双方とも表向き強硬姿勢を隠さないが、対立の先鋭化は望んでいない。ただ両大国がせめぎ合っているのは、次代の主導権と覇権であり、対立の構図が長期化するのは...
別窓で開く


[ 外務省 中国共産党 ] の関連キーワード

ペロシ 北朝鮮 共産党

<前へ123456次へ>