本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



中国、対台湾経済圧力を抑制=景気悪化考慮か
 【北京時事】ペロシ米下院議長の台湾訪問に反発し、台湾を包囲する形で軍事演習を実施した中国は、経済面でも台湾に圧力をかけた。ただ、半導体など基幹産業への直接的な「制裁」には踏み込んでおらず、対応は抑制気味だ。厳格な新型コロナウイルス対策の長期化で景気が悪化する中、国内経済への影響を考慮している可能性...
別窓で開く

外務省調査で発覚。東南アジアでは中国が日本より信頼されている......ってガチ!?
中国がぐいぐい勢力を拡大しているのは知っていた。けれど、ついに「信頼」でも日本が負けた!? 衝撃の調査結果から、東南アジアの現状、そして台湾や太平洋をめぐる中国の壮大な野望を緊急分析!■"債務の罠"があっても魅力的なマネー「最も信頼できる国・機関」は「中国」が19%、「日本」が16%——。...
別窓で開く

米中が近く首脳会談、「対立」から「融和」に動く=経済相互依存で一致、甦る『上海コミュニケ』
米中関係筋によると、米国のバイデン大統領と中国の習近平国家主席によるオンライン首脳会談が数週間以内に予定されている。両国の関係は「競争、協力、対抗」を基とした「対立」の構図から、「四不一無意」(4つのノー、1つの意図しない)の「約束」の下、大きく変貌しつつあることを見逃してはならない。...
別窓で開く

韓国外交部、イラク・ウクライナなど韓国外交部、イラク・ウクライナなど7か国への「渡航禁止」を6か月延長へ
イラク、ウクライナ、ソマリア、アフガニスタン、イエメン、シリア、リビアなど7か国に対する「渡航禁止」が来年1月末まで6か月延長される。韓国外交部(外務省に相当)が主幹する「第46回旅券政策市議委員会」旅券使用政策分科委員は現在、今月31日まで渡航が禁止されている7か国および3地域に対する渡航禁止指定...
別窓で開く

国防に協力的な自治体もあれば、“妨害”した自治体も 元外交官が明かす「安全保障の実態」
 日米安全保障条約は、空気のように存在するものではない。当事者間の意思の疎通や、案件が発生したときの適切な処置を重ねていって初めて、実効力のある「抑止力」として機能するのだ。日米安保条約にもとづく防衛協力がほんとうの効果を発揮するには、米軍の駐留する市町村の協力が不可欠だ。ところが、実際の対応は実に...
別窓で開く

アンモニアを燃料にして火力発電所を脱炭素化する——小野田 聡(JERA代表取締役社長)【佐藤優の頂上対決】
 ロシアのウクライナ侵攻でやや風向きが変わったとはいえ、欧州各国は電力供給源を風力や太陽光など再生可能エネルギーに転換しようとしている。いまや火力発電はすっかり悪玉だが、それを新技術でCO2排出ゼロにすべく挑んでいるのがJERAである。日本発「脱炭素火力発電」は世界を変えるか。...
別窓で開く

なぜ日本の外交は“常に緊張状態”なのか? 米中対立の激化が招く「この国の最悪シナリオ」
 なぜ日本の外交は、常にアメリカと中国に左右され続けるのか? 日本が両国との関係にセンシティブにならざるを得ない理由を、ジャーナリストの船橋洋一氏の新刊『 国民安全保障国家論 』より一部抜粋してお届けする。...
別窓で開く

「慰安婦」「徴用工」を伝説の外交官はどう考えていたか
 廬武鉉(ノムヒョン)大統領の登場以降、日韓関係は冷却化の一途をたどってきた。国と国が激しく対立するケースは、歴史上めずらしいことではなく、中にはほとんど修復の可能性がないとみられる関係もある。しかし、外交官、岡本行夫氏は「日韓関係の修復は不可能ではない」と見ている。韓国で5年ぶりの保守政権が発足し...
別窓で開く

米中の対立が激しくなる中、台湾問題がますます前面に出てきている。中国は台湾周辺での中国人民解放軍の空軍と海軍の活動をかつてないほど活発化させ、台湾有事が現実味を増してきている。台湾と沖縄の与那国島はわずか110キロという近さだ。そして、台湾は、九州からフィリピンに至り、米中対立の最前線ともなっている...
別窓で開く

【ベトナム発・解説】戦略的信頼関係の構築で、南シナ海紛争の解決
 2022年6月、南シナ海は地政学的に重要な海域であり、国際的海上輸送路としても、また海底資源の埋蔵地域としての価値は非常に高い。ASEAN各国の存続と発展に不可欠だ。中国の一方的な自国第一主義で、信頼関係が欠乏し、多くの障害が起きている。また、中国の王毅外務大臣が、太平洋諸島に積極的な働きかけを行...
別窓で開く


[ 外務省 フィリピン ] の関連キーワード

ウクライナ 東南アジア ベトナム jera 南シナ海
外務省 小野田 イラク

<前へ12345次へ>