本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



唯一の核軍縮の枠組み「新START」査察の一時停止を米に通告 ロシア外務省
ロシア外務省はアメリカとの唯一の核軍縮の枠組みに基づく査察活動を一時的に停止すると発表しました。ロシア外務省は8日、アメリカとロシアの新戦略兵器削減条約=「新START」に基づく査察活動について、一時的に停止することをアメリカに通告したと発表しました。...
別窓で開く

ウクライナ、国際調査団を要請=ザポロジエ原発攻撃で
 【ワルシャワ時事】ウクライナ南東部のザポロジエ原発への砲撃をめぐり、同国のツィンバリュク国際原子力機関(IAEA)担当大使は8日、同原発への国際調査団の月内派遣を呼び掛けた。ロイター通信が伝えた。また、国営原子力企業エネルゴアトムのコティン総裁は、原発周辺の非武装地帯化を提案。平和維持部隊の展開も...
別窓で開く

核軍縮条約の査察を一時停止=ロシアが米に通告
 ロシア外務省は8日、米国とロシアの核軍縮条約「新戦略兵器削減条約(新START)」に基づく査察活動に関し、一時停止を米国に通告したと発表した。ロシアのウクライナ侵攻に伴う制裁で、ロシアの査察団が米国に入れず、「米国で査察する権利が事実上奪われている」などと反発した。 同省は、ロシア査察団の米国入り...
別窓で開く

「もういっぺん、広島・長崎の惨状を再現するんか」被爆から77年 核をめぐる私たちの原点と歩むべき道【報道特集】
唯一の被爆国でありながら、戦後日本はアメリカの核戦略に組み込まれ、自らも核を求めた時代があった。再び核の脅威に直面するいま、私たちの原点は何だったのかを考える。■原爆投下を命じた大統領の孫が語る “核の脅威”20年近く、被爆者やその家族と向き合ってきた男性がアメリカにいる。クリフトン・トルーマン・ダ...
別窓で開く

ウクライナ・台湾、緊張緩和が重要=林外相、国連事務総長と会談
 林芳正外相は8日、来日中のグテレス国連事務総長と外務省で会談した。林氏は緊迫するウクライナ・台湾情勢に触れ、「法の支配に基づく国際秩序の維持が問われている」と指摘。両氏は「深刻な懸念」を共有するとともに、緊張緩和の重要性について一致した。 林氏はまた、中国の弾道ミサイル発射に関し、「日本の安全保障...
別窓で開く

<W解説> ASEAN外相関連会議で「積極外交」を繰り広げた韓国の朴振外相
韓国メディアのヘラルド経済は、今月3〜5日にカンボジアのプノンペンで開かれた東南アジア諸国連合(ASEAN)外相関連会議におけるパク・チン(朴振)外交部(外務省に相当)長官の「積極外交」について報じた。同メディアによると、朴氏は2日間の日程の中で4つの外相会議と15の2か国間会談・略式会談をこなした...
別窓で開く

「核の脅威 世界で広がっている」 広島平和式典でグテレス事務総長
 米国の原爆投下から77回目の「原爆の日」を迎えた6日、広島市の平和記念公園で平和記念式典が開かれた。松井一実市長は平和宣言で、ロシアのウクライナ侵攻を機に広がる核抑止論に懸念を表明。核保有国のリーダーに「被爆地を訪れ、核兵器を使用した際の結末を直視すべきだ」と呼びかけた。...
別窓で開く

「時代錯誤の敵視政策」北朝鮮、ペロシ訪韓に反発
北朝鮮外務省は6日、ナンシー・ペロシ米下院議長が訪韓したことを受けて報道局長談話を出し、「朝鮮半島と地域の情勢をいっそう激化させる」と非難した。朝鮮中央通信が伝えた。チョ・ヨンサム報道局長は談話で、ペロシ氏と韓国当局者が「北朝鮮の脅威」「強力で拡張された抑止力」に言及し、板門店(パンムンジョム)の共...
別窓で開く

7月17日、ウクライナのゼレンスキー大統領は保安局長官(秘密警察長官)と検事総長という高官2人を「ロシアに協力する反逆行為が多数見つかった」という理由で解任した。一人はゼレンスキー大統領の幼なじみ、もう一人はロシアの戦争犯罪を捜査してきた女性だった。解任の背景には何があるのか。元外交官で作家の佐藤優...
別窓で開く

朴振長官とアントニー・ブリンケン国務長官が米韓略式会談...「いつも緊密に調整」
韓国のパク・チン(朴振)外交部(日本の外務省に相当)長官は5日、アントニー・ブリンケン米国国務長官と会って、北朝鮮の核・ミサイル、中韓関係、日韓関係などの主要な外交懸案に対する協力案を議論した。朴振長官はこの日、カンボジアで開催されたASEAN(アセアン、東南アジア諸国連合)外相会議を契機に約30分...
別窓で開く


[ 外務省 ウクライナ ] の関連キーワード

asean ウクライナ ゼレンスキ ロシア 北朝鮮
トニー 外務省