本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



米上空気球、新たな火種に=軍事情報収集か、中国は「研究用」主張
 【ワシントン、北京時事】米国防総省は2日、中国の偵察気球が米本土上空を飛行しており、監視・追跡していると発表した。中国外務省は3日夜、気球は中国から飛来した「気象研究用」のものであるとして「遺憾」を表明。ブリンケン米国務長官は5日からの訪中を予定していたが、米国務省高官は3日、急きょ訪問を延期した...
別窓で開く

アメリカ上空に飛来の偵察気球、中国政府「民間の研究用が風の影響で航路を外れた」
 【ワシントン=田島大志】米国防総省高官は2日、中国のものとみられる偵察用気球が米領空を飛行しているのを確認したと明らかにした。軍事的な機密情報を収集する狙いとみている。バイデン大統領に報告され、モンタナ州上空での撃墜も一時検討されたが、破片の落下を恐れて見送られた。中国政府は、民間の科学研究用だと...
別窓で開く

【速報】中国政府「気球は中国のもの」と認める 気象などの研究に使用 遺憾の意を表明「不可抗力でアメリカに侵入」
アメリカ上空で中国からとみられる偵察気球が確認された問題で、中国政府はさきほど、「この気球は中国から来ている」と認め謝罪しました。アメリカ国防総省は2日、中国が飛ばしたとみられる偵察用の気球がアメリカ上空を飛行していることを明らかにしました。これについて中国政府は3日夜、「中国の無人気球が不可抗力で...
別窓で開く

米韓空軍 最新鋭ステルス戦闘機が参加する合同訓練を3日も実施
核・ミサイル開発を進める北朝鮮の脅威に備えるため、アメリカ軍と韓国軍は1日に続き、3日も最新鋭のステルス戦闘機が参加する合同訓練を行いました。韓国国防省によりますと、アメリカ軍のF22や韓国軍のF35Aなど最新鋭ステルス戦闘機が参加する合同訓練は、3日、黄海上空で行われました。...
別窓で開く

 【北京時事】中国外務省の毛寧副報道局長は3日の記者会見で、米中央情報局(CIA)のバーンズ長官が、中国の台湾侵攻の可能性について警鐘を鳴らしたことに反発した。バーンズ氏がロシアのウクライナ侵攻と合わせて台湾情勢を論じたことに対し、「台湾問題は完全に中国の内政であり、ウクライナ問題とは本質的に異なる...
別窓で開く

“バス3台分の大きさ”アメリカ上空に偵察用気球 「中国のものと確信」追跡中
アメリカ国防総省は、中国が飛ばしたとみられる偵察用の気球がアメリカ上空を飛行していることを明らかにしました。緊張が続く米中関係の新たな懸案となる可能性があります。撮影者の男性「上空に何かが浮かんでいる」アメリカのモンタナ州で2日に撮影された映像。白い物体が上空に浮かんでいます。映像を撮影した男性「い...
別窓で開く

偵察気球、米中の新たな火種に=核ミサイル基地の情報収集か
 【ワシントン時事】米国防総省は2日、中国の偵察気球が米本土上空を飛行しており、これを監視・追跡していると発表した。ブリンケン米国務長官が5日から訪中する見通しの中、両国の新たな火種となる可能性がある。 米政府高官によると、偵察気球は数日前に米領空に入り、2日時点で西部モンタナ州の上空に到達。...
別窓で開く

ロシア外務次官と日本大使、また会談
 ロシア外務省によると、ルデンコ外務次官と上月豊久駐ロシア大使が2日に会談した。日本側の申し出によるもので、2国間関係について意見交換したという。両者は1月30日に個別に会ったばかり。日本側はその際、ロシア側が協議を拒否している北方四島周辺水域の日本漁船操業の実現を求めている。 【時事通信社】...
別窓で開く

対ロ感情、過去最悪=ウクライナ侵攻背景、韓国は改善—内閣府調査
 内閣府は3日、「外交に関する世論調査」の結果を公表した。ロシアによるウクライナ侵攻を背景に、ロシアに「親しみを感じる」「どちらかというと感じる」との回答は前年比8.1ポイント減の5.0%で過去最低。日ロ関係の良好さや重要性を問う項目も過去最低となり、対ロ感情の悪化が顕著となった。...
別窓で開く

韓国外相、米国家安保補佐官と「面談」…「ことしの尹大統領の成功的訪米のため協力を」
訪米中のパク・チン(朴振)韓国外相は2日(現地時間)、ジェイク・サリバン米国家安保補佐官と面談し「米韓同盟70周年を迎える中、さらなる米韓同盟の強化」「朝鮮半島問題」「経済安保・先端技術の協力」「地域・世界的懸案」などについて意見を交換した。...
別窓で開く


[ 外務省 ] の関連キーワード

ウクライナ アメリカ ロシア cia