本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



岩塚製菓「ふわっと」パッケージに長岡花火 「今年こそ開催を」 支援へ売上一部を寄付
岩塚製菓は、長岡花火財団とタイアップし、長岡花火をパッケージにデザインした「ふわっと やわらかえび味」(45g・NPP)と「ふわっと 枝豆味」(41g・同)を6月28日から期間限定で発売。「ふわっと」は新潟県産米を100%使用した米粉スナックで、えび味には「超大型ワイドスターマイン」を、枝豆味には復...
別窓で開く

快進撃の揚げ米菓 スナック化進みボーダーレス競争強まる
増減を繰り返しながらほぼ横ばいで推移している米菓市場の中で、揚げ米菓が伸長を続けている。インテージ調べによると10年前に比べ約35%増と確実にシェアを広げている。揚げ米菓の購入層は50代以上の男性がボリュームゾーンだが、5年前と比べ年齢別構成比はほぼ変化していない。30〜40代についても数字が落ちて...
別窓で開く

米菓 コロナ禍で高まる家飲み需要と健康意識が追い風 おつまみ商品に勝機
第3四半期までの米菓市場は2%増と堅調な動きとなった。日本人に馴染み深い米菓は、コロナ禍で不安の中、安心安全なものを求める消費者ニーズにマッチし、4〜5月の緊急事態宣言中は15%増で推移した。猛暑やお盆の往来減少で落ち込んだ時期もあったが、秋の到来とともに回復し、最盛期の12月は大寒波による大雪で配...
別窓で開く

東日本大震災から10年 当時小学生の成人を祝い「バタしょっと」配布 岩塚製菓
岩塚製菓は「バタしょっと」(45g・NPP)の2月8日発売に先駆け、福島県南相馬市民文化会館「ゆめはっと」で1月10日に開催される成人式に出席する新成人に配布する。同商品は、東日本大震災復興支援商品として、福島県南相馬市の子どもたちと開発した商品。...
別窓で開く

新潟の小さな煎餅会社が、台湾の世界的企業から22億円もの配当を得ている理由
黒豆せんべいやおかき、あられなどの米菓を製造販売する岩塚製菓が、ツイッターで話題になっている。岩塚製菓は、新潟県長岡市に本社を持つ小さな会社なのだが、中国・上海に本拠を置く台湾系の超巨大企業・旺旺企業集団(ワンワングループ、以下旺旺)と技術提携を行い、同社株式5%を保有することで、多額の配当金を得て...
別窓で開く

大雪立ち往生の車に積荷の煎餅を配ったトラック運転手が話題 小池晃参議院議員「『ふんわり名人』今度買ってみます」
強烈な寒気の影響で日本海側を中心に大雪となり、群馬・新潟県境の関越自動車道では19日夕方まで上下線とも通行止めとなり、最大で約2100台が立ち往生を強いられました。雪に阻まれて身動き取れなくなった車にいた人からは、Twitterで現地の模様を発信するケースも目立ちました。...
別窓で開く


<前へ1次へ>