本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



まるで絵のなかの別世界…片桐仁が圧倒された由緒正しき「大倉集古館」
TOKYO MX(地上波9ch)のアート番組「わたしの芸術劇場」(毎週金曜日 21:25〜)。この番組は多摩美術大学卒で芸術家としても活躍する俳優・片桐仁が、美術館を“アートを体験できる劇場”と捉え、独自の視点から作品の楽しみ方を紹介します。2月26日(土)の放送では、「大倉集古館」に伺いました。...
別窓で開く

日本を代表するチャイナタウンである横浜中華街の老舗、聘珍樓(へいちんろう)横浜本店が5月15日、移転のため、惜しまれつつ閉店した。「横浜中華街のシンボル」的存在だった同店がこの地から消えることは、日本の中華料理界において一体何を意味するのか、考察してみた。(ジャーナリスト 中島 恵)■横浜中華街のシ...
別窓で開く

横浜中華街の顔、一時閉店 老舗「聘珍樓」本店、コロナ禍で打撃
 横浜中華街の老舗「聘珍樓(へいちんろう)」の横浜本店(横浜市中区)が移転のため閉店した。創業の地・中華街のシンボル的存在だったが、長引く新型コロナウイルスの流行で、移転を予定より2年早めた。本店の移転先や営業再開の時期は未定だが、国内外の他店舗や売店はこれまで通り営業を続ける。...
別窓で開く

 [New門]は、旬のニュースを記者が解き明かすコーナーです。今回のテーマは「避難所」。  災害時に避難所で命を落とす被災者が相次いでいる。100年ほど本質的に変わっていない避難所の環境が原因で、欧米との差も大きい。災害大国・ニッ...
別窓で開く

横浜中華街で最古の中国料理店が閉店 明治時代オープン「聘珍樓 横濱本店」
中華の名店「聘珍樓(へいちんろう)」は「聘珍樓 横濱本店」を2022年5月15日で閉店する。3月7日に発表した。創業1884(明治17)年で、現存する日本最古の中華料理店。本店は日本最大の中華街「横浜中華街」の「中華街大通り」に面している。...
別窓で開く

「砂」の乱獲で地球が壊れる 水に次ぐ天然資源、世界で奪い合い
世界的に「砂」が不足している。違法な乱獲や、争奪戦が日常的に繰り広げられ、地盤沈下などで地球環境に甚大な影響を与えている——そんな「砂」を巡る危機的な状況について報じられることが増えている。■メコンデルタが沈下ロイターは2022年4月28日、「人類は『砂不足』の危機に直面、国連が警告 人口増加と都市...
別窓で開く

英米で再評価の「江戸川乱歩」「横溝正史」 なぜ今「エログロ」が必要とされるのか
 独自の発展を遂げた、日本のミステリー小説。その礎を築いたのが、江戸川乱歩、横溝正史の二大巨頭である。巧妙なトリックの一方、両雄の創作の原点には、実は「エログロ」「変態性欲」の世界があった——。幻想文学研究家・風間賢二氏が解き明かす、異端の文学史。 *** 虚構上の〈知〉のスーパーヒーローといえば、...
別窓で開く

戦後日本で優遇されて勢力を拡大した「在日本朝鮮人連盟」 預金封鎖をされない特例措置
 親日派朝鮮人の持つ資産を次々に奪い、活動資金にしていった「在日本朝鮮人連盟」。彼らが混乱期の戦後日本で圧倒的優位に立てたゆえんは、さまざまな優遇措置にあった。その最たるものは、2年に及ぶ「預金封鎖」下で、自由にお金が引き出せたことだった。 *** 61万人を超える朝鮮人を傘下に収め、占領下の日本で...
別窓で開く

「殺人犯は二十歳の青年」駆けつけた警官を“電殺”…死刑判決を受けた彼が裁判で気づけなかった「重要な質問」
行ってないのに「名古屋に急行」!? 警官“電殺”事件であり得ない虚報が続々と生まれた理由 から続く 窃盗犯を逮捕しようとして出動した警察官が、犯人の仕込んでいた電線の仕掛けにかかって感電死した亀戸警官電殺事件。当初は簡単に解決するとみられた事件だが、捜査は行き詰まっていった。 そんな中、ようやく...
別窓で開く

「世界各国で旭日旗を美化する広告」と韓国メディア、ネット民も反発
2022年4月16日、韓国メディア・韓国経済TVは、「日本の帝国主義の象徴である旭日旗を美化するオンライン広告が、世界各国で配信されている」と報じた。記事によると、「サイバー外交使節団」と呼ばれる韓国の市民団体VANKは16日、最近カナダやインドなどに住む在外同胞から、「旭日旗をはじめ、『日本海』や...
別窓で開く


[ 関東大震災 ] の関連キーワード

江戸川 聘珍樓