本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



伝説級ズラリ「廃止された難読駅」西日本5選 読めるか!書けるか!「引っかけ問題」も
漢字を見ただけでは読むのが難しい「難読駅名」は、現在営業していない「廃駅」にも多くありました。その中には、漢字本来の読みから大きく離れたものもあります。今はなき駅にも難読のものが「及位」「特牛」「学文路」…日本の駅には、さまざまな「難読駅名」が存在します。難読駅名でクイズが作れるほど。...
別窓で開く

岡田准一主演『燃えよ剣』Blu-ray&DVD、7月27日発売 オーディオコメンタリーやメイキング映像を収録
2021年10月に劇場公開された、司馬?太郎原作、岡田准一主演映画『燃えよ剣』のBlu-rayとDVDが、7月27日(水)にリリース、レンタル開始される。歴史小説界の巨星である司馬?太郎による国民的ベストセラーの映画化に挑んだのは、『日本のいちばん長い日』『関ヶ原』に続き日本の変革期を描く名匠・原田...
別窓で開く

大阪城炎上し豊臣家滅亡するも…令和につながる秀吉と寧々
■日本全国の浪人が集まった大坂冬の陣方広寺鐘銘事件で大坂方が追い詰められたとき、味方する大名は誰もいませんでした。福島正則などは、居城がある広島にいたら駆けつけたでしょうが、江戸で幽閉されていました。黒田長政や加藤嘉明も同様で、その息子たちは仕方なく関東方に付くしかありませんでした。...
別窓で開く

「稀代の政治犯」沢庵和尚は流罪の身から将軍家光のブレーンになった
 たくあん漬けの生みの親・沢庵和尚は、稀代の政治犯だった。反骨の士として前科者となり、ジェットコースターのような人生を送っていた。 大根の漬物である「たくあん」を世に伝えたのは、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての臨済宗の僧・沢庵といわれている。 彼の生涯は良くも悪くも、政治に深く関わっている。...
別窓で開く

「秀頼がバカ殿であれば…」徳川安泰のために家康が巡らせた策略
■ついに家康に会うことになった秀頼▲二条城 出典:rseipic / PIXTA慶長16年(1611年)は、秀頼が秀吉が亡くなってから初めて上洛し、二条城で徳川家康さまと会談した年でございました。秀忠の将軍宣下のときにも上洛の打診はあったのですが、茶々の反対で沙汰やみになりました。...
別窓で開く

秀吉の死後も京で人気があった豊臣家に対する家康の嫌がらせとは?
■秀頼と茶々が自害に至るまでの道筋関ケ原の戦いがあったのが、慶長5年(1600年)のことで、大坂夏の陣で秀頼と茶々が自害したのは慶長20年(1615年)5月28日でございます。そのあいだに、昤川家康さまが慶長8年(1603年)に征夷大将軍に就任され、その2年後には秀忠が二代目将軍になっておりました。...
別窓で開く

関ヶ原〜長浜に鉄道が開業 「東海道線の夜明け」わずか6年の短命 -1883.5.1
139年前の5月1日、現在の東海道線の旧ルートである、関ヶ原〜長浜間が開業しました。幻の東海道線 今から139年前の1883(明治16)年の5月1日。東京と大阪・神戸をむすぶ現在の東海道本線の一部として、岐阜県の関ヶ原駅と滋賀県の長浜駅をむすぶ区間が開業しました。 このルートは現存していません。...
別窓で開く

リメイク版も見どころは柳生十兵衛 VS 黄泉がえり剣豪軍団!『魔界転生』と“世にも奇妙な”心霊スポット名城めぐり
『魔界転生』DVD発売中3,080円(税込)発売:KADOKAWA 販売:東映・東映ビデオ■名将・島左近と桐畑家いきなりだが、私の一番好きな戦国武将は「島左近」という武将だ。この武将は浪人時代、いろんな大名がスカウトに来るのだが、どれも断っていた。しかし、豊臣秀吉の家臣・石田三成が自分の所領の半分を...
別窓で開く

鈴鹿央士×飯豊まりえW主演『夏へのトンネル、さよならの出口』9月公開へ 特報&ティザーポスター解禁
アニメ映画『夏へのトンネル、さよならの出口』の公開日が9月9日に決定。併せて、ダブル主演を務める鈴鹿央士、飯豊まりえの声も収められた美しい特報映像が、ティザーポスターと共に解禁された。 本作は、心に秘めた思いを抱え、不思議なトンネルに足を踏み入れた少年と少女のひと夏の物語。...
別窓で開く

嫌われ者だった石田三成を“守った”利家と“責めた”家康
■秀吉のお気に入りだった石田三成の功労石田三成についてお話ししましょう。秀吉が長浜城主になって間もない頃、鷹狩りにでかけたときに、観音寺(米原市の大原観音寺説が有力)という寺院で小僧をしていた少年が、気が利いて利発そうだというので、小姓に採用したのです。その名を佐吉と言いました。...
別窓で開く


[ 関ヶ原 ] の関連キーワード

東海道 dvd blu まりえ 大阪城
西日本 十兵衛

<前へ123456次へ>