本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



高橋樺子が新曲「さっちゃんの聴診器」発表会見 “西成のマザーテレサ”矢島祥子さんへの追悼歌
歌手高橋樺子(はなこ、年齢非公表)が31日、都内で26日にリリースした新曲「さっちゃんの聴診器」の発表会見を開いた。大阪市西成区のあいりん地区(通称釜ケ崎)で献身的な医療活動をして“西成のマザーテレサ”と呼ばれながら、2009年11月に34歳の若さで亡くなった医師矢島祥子さんへの追悼歌。...
別窓で開く

絶頂、逮捕、孤独死——「ストリップの女王」の波乱万丈の生涯
 1960〜70年代に一世を風靡し、「ストリップの女王」と呼ばれた伝説のストリッパー・一条さゆりさん。「特出し」と呼ばれる過激な芸で人気を集める一方で、公然わいせつ罪で9回検挙されるなど波乱万丈な生涯を送った。 亡くなって四半世紀。晩年の一条さんと交流があったジャーナリストの小倉孝保さんが、彼女の生...
別窓で開く


<前へ1次へ>