本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



『Study:大阪関西国際芸術祭2023』まもなく開幕
アート×ヒト×社会の関係をStudyする芸術祭『Study:大阪関西国際芸術祭2023』が1月28日(金)から2月13日(日)まで開催される。本イベントは、2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)を契機に、ソーシャルインパクト(文化芸術経済活性化や社会課題の顕在化など)をテーマとした世界最大級のア...
別窓で開く

大阪・西成の「ディープな写真を大募集」 VICE Japan企画が物議「見世物じゃない」→投稿削除
ウェブメディア「VICE Japan」が行っている企画が物議を醸している。路上生活者が多く暮らすエリアがあることで知られる大阪市西成区で撮られた「ディープな写真」を募集するものだったが、ツイッター上では「西成に住むひとたちは見世物じゃない」「ありえない」などと批判の声が相次いだ。同メディアは写真の募...
別窓で開く

「ノンフィクション冬の時代」と呼ばれて久しい。雑誌売り上げそのものが厳しいなか、数々のノンフィクション媒体も休刊を余儀なくされ、発表の場がどんどん少なくなっている。そのなかで、質の高い作品を発表し続けるジャーナリストたちがいる。彼らは、どのように作品のテーマを見つけ、取材し、社会を切り取り、予算を捻...
別窓で開く

「修羅のまち」が「希望のまち」に生まれ変わろうとしている——。特定危険指定暴力団・工藤会が拠点を置き、「修羅のまち」と揶揄される福岡県北九州市。市民を狙った凶悪犯罪が相次いだが、2020年に本部事務所が解体され、組員は300人以下に減ったという。その本部事務所の跡地を買い取り、子どもからお年寄りまで...
別窓で開く

「裏」の痕跡が残る港町・横浜 そのディープな近現代史を知る。
 『裏横浜』(ちくま新書)。なんとも刺激的なタイトルである。「駅裏」というような言い方で、町の陰のエリアを指す表現は日本全国でかなり一般的に使われてきた。ある程度の規模の都市では、駅の正面側に中心商店街や官公庁が立地し、裏側にはいわく言い難い業種の店や怪しげな旅館などが立ち並ぶのは地理学の常識であり...
別窓で開く

誰もが何度でもやり直せる社会を——。著者がホームレス支援活動を通じて見つけた答え
 世間からドロップアウトした人に対して、「これまで努力しなかった結果なのではないか?」「働きたくなくてただ怠けているだけなのではないか?」と考える人は、少なからずいるでしょう。『14歳で"おっちゃん"と出会ってから、15年考えつづけてやっと見つけた「働く意味」』の著者である川口加奈さんもそのうちのひ...
別窓で開く

「昔の西成」はこうだった!あいりん地区に住んでみたらどうなったか?
どうも特殊犯罪アナリスト&裏社会ライターの丸野裕行です。私も家庭を持ち、子供も増え、今では危ない潜入取材を避けるようになった。...
別窓で開く

「ホームレス錬金術師」に話を聞いてみた
どうも特殊犯罪アナリスト&裏社会ライターの丸野裕行です。裏社会系の話の中には、必ずといっていいほど、名義貸しや架空口座が出てきます。足がつかないように、それらを使う犯罪者が多いということです。では、誰が名義貸しをしたり、架空口座をつくったりしているのか—その多くがホームレスだといいます。今回話を聞く...
別窓で開く


<前へ1次へ>