本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



日本経済の復活には何が必要なのか。経営コンサルタントの鈴木貴博さんは「仮想空間で暮らす『メタバース経済』の未来が現実味を帯びてきているが、私はちっともワクワクしない。日本が進むべき道は、現実世界の生活を充実させる『モビリティ経済』ではないか」という——。※本稿は、鈴木貴博『日本経済 復活の書』(PH...
別窓で開く

「男の日傘」ホントに増えてるの? 日差し強い都心で目にした事実
「男の日傘」はどこまで定着したのか。J-CASTニュースを見ると2010年8月の時点で、男性用日傘の記事が配信されていた。以後、断続的に話題となっている。2年前の夏には、「日傘男子」に肯定的なツイートやコメントをした芸能人を紹介していた。梅雨入り目前の首都圏、暑さが増してきたこの時期に日傘を使ってい...
別窓で開く

参院選突入「安倍派」VS「岸田派」とんでも“ハレンチバトル”の一部始終
岸田文雄、安倍晋三 (C)週刊実話Web参院選に突入し、各党しのぎを削る中、自民党最大派閥である清和政策研究会(安倍派)と、総裁派閥である宏池会(岸田派)が互いに張り合い、存在感を見せつけている。そこに公明党も参戦し、どこまでも自民党についていく「下駄の雪」とは言わせないとばかりに、より過激な行動で...
別窓で開く

「カタギの方がよっぽど怖い」日本で唯一のヤクザ博士が語る“ヤクザとの付き合い方”《極端すぎる日本のヤクザ政策への提言》
炎上気味、就職困難でもアウトロー支援を続ける“ヤクザ博士”の波乱万丈すぎる過去「幼い頃、街角が家族だった」「専門学校が半グレに乗っ取られた」 から続く 社会学者の廣末登氏は現職のヤクザや半グレにも直接接触する異色の“ヤクザ博士”だ。中卒で社会に出てファッション業界を中心に働いていたが、学歴コンプ...
別窓で開く

寿司デート報道「中川会長」が顧問で返り咲き? 新生「日本医師会」で進む“仰天”人事プラン
 6月25日、日本医師会(日医)の新会長に松本吉郎・前常任理事が選出されたことで、新生・日医が始動した。しかし「松本新体制」の足元は船出早々に揺れている。理由は、中川俊男・前会長の去就をめぐる騒動が影を落としているためという。 *** 25日に開かれた代議員会で、松原謙二・日医副会長を大差で下して新...
別窓で開く

理解が進まない参院選の比例代表システム 「政党名で投票」が8割も
22日に公示され、7月10日に投開票が行われる第26回参議院議員通常選挙。繁華街の街頭には日々多くの候補者が立って演説を行い、選挙カーも走り回っている。国会議員の選挙は、現在は衆院・参院とも選挙区と比例代表を組み合わせた仕組みとなっているが、衆院選と参院選の比例代表は、大きく異なる制度なのだ。...
別窓で開く

6月22日、参院選が公示され、7月10日の投開票日に向けた選挙戦が始まった。岸田文雄政権が発足してから約8カ月が経過した。岸田首相の経済ブレーンとして知られ、国内経済その他特命事項担当の首相補佐官を務めてきたのが村井英樹議員だ。官邸での経験から、日本の課題の根幹がどこにあると見定めたのか。出身元であ...
別窓で開く

■「久しぶりの財務省OB総裁」が示す意味財務省が失地を奪還しつつある。政府は5月27日、国際協力銀行(JBIC)の総裁に林信光副総裁(65)が就く人事を了承した。林氏は80年東大法卒で、旧大蔵省(現財務省)に入省し、理財局長まで上り詰めた。この間、世界銀行グループの理事も歴任した。14年の国税庁長官...
別窓で開く

「岸田vs安倍」防衛事務次官をめぐる人事の攻防と「桜を見る会」に関する情報戦
■安倍首相秘書官の重用 防衛省の事務次官人事をめぐって、安倍晋三元首相が岸田文雄首相に“物言い”をつけたことが報じられている。防衛省は安倍氏の実弟・岸信夫氏が大臣を務めており、岸田氏は兄弟からの抵抗を受けていた格好だった。...
別窓で開く

西村康稔、高級新タマネギを周囲に配布 狙いは「維新との個人的なパイプ」?
 東京・永田町は“贈り物文化”の街。毎年、お中元やお歳暮のシーズンには多くの議員が地元から自慢の品々を持ち帰り、それを秘書が配って歩く。議員会館内を行き交う台車はもはや風物詩だが、今年は自民党の西村康稔・前新型コロナ対策担当相(59)が見せた意外な気遣いが話題だという。 政治部デスクが言う。「西村事...
別窓で開く


[ 永田町 ] の関連キーワード

ハレンチバトル 財務省