本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



伝説DFブッフバルトを彷彿! “シュツットガルトの救世主”となった遠藤航への賛辞は止まず「偉大なリーダーだ」
遠藤航が文字通りの土壇場でチームを窮地から救った。現地時間5月13日に行なわれたドイツ・ブンデスリーガの最終節で、シュツットガルトは2-1でケルンを下して15位に浮上。“奇跡の残留”を果たした。...
別窓で開く

西川周作に重なったあの日の阿部勇樹、浦和レッズ、試練の30周年記念試合へ
あの日を思い出す光景だった。5月13日・埼玉スタジアム2002のことである。『明治安田生命J1リーグ』第13節・サンフレッチェ広島戦を終えると、一部サポーターからブーイングが飛んだ。最初はピッチ中央で円陣を組みミーティングを行った広島に対して。続いては5試合連続ドローに終わった浦和レッズに対して。...
別窓で開く

浦和・西川周作が天皇杯を返還「今年もカップを掲げられるように」
日本サッカー協会は16日、5月21日(土)に開幕する『天皇杯 JFA 第102回全日本サッカー選手権大会』に先立ち、開幕記者会見を実施。前年度優勝チームである浦和レッズの西川周作主将による天皇杯返還セレモニーのほか、今大会のコンセプト「つながる」の下、トークセッションなどが行われた。...
別窓で開く

コンサドーレ札幌のサッカーが面白い理由。ミシャは今季で5年目も常に前向きで挑戦的な試み
 結論から言ってしまえば、北海道コンサドーレ札幌は面白いサッカーをしている。 攻撃では、相手の守備陣形を見ながらスペースを使ってパスをつなぎ、守備では、オールコートマンツーマンとでも言うべき積極的な手段で相手を封じ込める。...
別窓で開く

浦和が国立開催の一戦でI神戸を下す…東京NBはホーム最終戦で白星/WEリーグ第21節
Yogibo WEリーグ第21節が14日から15日にかけて行われた。 前節の勝利で初代チャンピオンに輝いたINAC神戸レオネッサ(I神戸)は、皇后杯覇者の三菱重工浦和レッズレディース(浦和)と対戦した。WEリーグにとって初となる国立競技場で行われた一戦。序盤からI神戸が多くのチャンスを演出するも決め...
別窓で開く

【前回の鎌倉殿の13人】第18話“大河絵”(鎌倉絵・殿絵)「義経 落日の壇ノ浦 軍神乱舞の八艘飛び」
 俳優の小栗旬(39)が主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(日曜後8・00)は15日、第19話が放送される。新進気鋭のイラストレーター・石井道子氏が描く“大河絵”(鎌倉絵・殿絵)とともに第18話(5月8日)を振り返る。 <※以下、ネタバレ有> 稀代の喜劇作家・三谷幸喜氏が脚本を手掛ける大...
別窓で開く

神戸が待望の今季初勝利!…名古屋は7戦ぶり白星、G大阪が今季初の連勝/J1第13節
明治安田生命J1リーグ第13節が、13日と14日に行われた。 13日に行われたフライデーナイトJリーグでは、浦和レッズとサンフレッチェ広島が対戦。とも決定機を生かせず、スコアレスドローに終わった。浦和はクラブ史上初の3試合連続スコアレスドローとなり、クラブ史上最長タイの5試合連続ドローとなった。...
別窓で開く

横浜FMが今季初のリーグ3連勝! 湘南との“神奈川ダービー”を4発で制す
明治安田生命J1リーグ第13節が14日に行われ、湘南ベルマーレと横浜F・マリノスが対戦した。 降格圏脱出に向けて今季2勝目を掴みたい湘南が、リーグ戦連勝中の横浜FMをホームに迎えての“神奈川ダービー”。ホームの湘南はうまく試合に入り、開始1分に早速ビッグチャンスを迎える。...
別窓で開く

鹿島が札幌に4発快勝で首位キープ! 上田綺世が先制点、鈴木優磨は2得点の活躍
明治安田生命J1リーグ第13節が14日に行われ、鹿島アントラーズと北海道コンサドーレ札幌が対戦した。 前節サンフレッチェ広島に0−3の完敗を喫した鹿島が、リーグ戦5試合連続のクリーンシートと好調を維持する札幌をホームを迎えての一戦。試合の均衡が破れたのは開始6分、鹿島が先制する。...
別窓で開く

日本サッカー界で前例のない快挙が達成された。アジア各国の強豪クラブが頂点を競うAFCチャンピオンズリーグ(ACL)で、山下良美主審、坊薗真琴、手代木直美両副審で構成される女性審判員チームが初めて試合を担当した。特に36歳の山下さんはACLだけでなく、30年目を迎えたJリーグの公式戦でも初めて主審を務...
別窓で開く


[ 浦和レッズ ] の関連キーワード

シュツットガルト 壇ノ浦 名古屋 神奈川