本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



国土交通省の交通政策審議会(交政審)は7月、東京の地下鉄網をめぐる答申「東京圏における今後の地下鉄ネットワークのあり方等について」をとりまとめた。同答申は地下鉄有楽町線(東京8号線)豊洲—住吉間の延伸と、品川と都心部を結ぶ地下鉄構想について、東京メトロを事業主体として「早期の事業化を図るべき」として...
別窓で開く

ベラルーシ選手、祖母からの電話で亡命決断=空港への車中
 【モスクワ時事】東京五輪にベラルーシの陸上女子代表として出場し、帰国命令を拒否してポーランドに亡命したクリスツィナ・ツィマノウスカヤ選手(24)は5日の記者会見で、祖母に電話で「帰国してはいけない」と言われ、亡命を決断したことを明らかにした。 コーチ陣を批判したことで1日に帰国を命じられたツィマノ...
別窓で開く

「2階建て旅客機」WW2直後に存在? 超豪華ワガママボディのプロペラ機「377」 祖先はB-29!?
第二次大戦後に日本の民間航空が再開されたころ、羽田空港に乗り入れてきた旅客機に、胴体がまるで下膨れしたかのような「ボーイング377」がありました。この不思議な形のモデルは、どのような機体だったのでしょうか。胴体下部にはラウンジも? 第二次世界大戦後、日本の民間航空が再開された1950年代、羽田空港に...
別窓で開く

「帰ってきちゃダメ!」ベラルーシ陸上選手の危機を救った祖母の熱弁! 本人は取り残された家族を気遣う【東京五輪】
祖母のアドバイスがなければ、今頃ベラルーシの監獄にいたかもしれない──。亡命先のポーランドに到着した陸上のベラルーシ代表選手、クリスツィーナ・ツィマノウスカヤはそう振り返る。 事の発端は、8月1日の夕刻。イスタンブール行きの飛行機に搭乗予定だったツィマノウスカヤは、これを土壇場でキャンセルして、日本...
別窓で開く

ベラルーシ選手、日本に謝意=ポーランド到着「幸せ」—政治亡命否定、キャリア継続
 【モスクワ時事】東京五輪に出場し、ベラルーシへの帰国命令を拒否してポーランドに亡命したクリスツィナ・ツィマノウスカヤ選手(24)が5日、ワルシャワで記者会見し、無事到着できて「幸せだ」と述べるとともに、日本政府にも謝意を示した。記者団の前で発言するのは、今回の問題が起きてから初めて。...
別窓で開く

強制帰国拒否のベラルーシ選手が亡命先ポーランドに到着、安全な場所に滞在
東京五輪陸上女子の東欧ベラルーシ代表で、チームによる強制帰国を拒否したクリスツィナ・ツィマノウスカヤ選手(24)が4日、亡命先のポーランドに到着した。欧州メディアによると、成田空港から直行便で向かう予定だったが、旅程が公になったため、急きょオーストリア経由に変更。ポーランドの外交官が同行した。...
別窓で開く

ベラルーシ「女性選手」が亡命 独裁者「ルカシェンコ大統領」の「妄言」「悪行」がスゴすぎる
■「ウオツカでコロナは治る」 朝日新聞は8月2日、「『帰国強制』保護訴え ベラルーシ陸上選手」との記事を朝刊に掲載した。 *** 記事はロイター通信の報道を引用。東京五輪陸上の女子200メートル予選に出場を予定していたベラルーシのクリスツィナ・ツィマノウスカヤ選手(24)が亡命を訴えたと報じた。...
別窓で開く

ベラルーシ選手が出国=保護から3日、ポーランド亡命—「反政権」扱い・東京五輪
 【ベルリン時事】東京五輪陸上女子のベラルーシ代表から外され、強権的な本国による帰国命令を拒否したクリスツィナ・ツィマノウスカヤ選手(24)が4日、亡命先となるポーランドに向かうため成田空港から出国し、経由地ウィーンに到着した。1日に選手村を離れ、羽田空港で警察などに保護を求めてから3日。安全な第三...
別窓で開く

泥酔しマスク拒否...豪選手団が帰国便で大騒ぎ なぜ強制降機を命じなかった?JALに聞いた
オーストラリアの東京五輪代表選手らが、帰りの日本航空(JAL)機内で泥酔してマスクを拒否するなどの騒ぎを起こした。日本国内では過去に、マスクを拒否した乗客を降機させるなどしたケースがある。JALは、機内の関係者に行動抑制を促し運航に支障はなかったとしたうえで、今後トラブルが起きれば、日本の航空法違反...
別窓で開く

強制帰国拒否したベラルーシ選手が出国「国を裏切ったわけではない」
東京五輪陸上女子の東欧ベラルーシ代表で、チームによる強制帰国を拒否したクリスツィナ・ツィマノウスカヤ(24)が4日、ウィーン行き航空機で成田空港から出国した。欧州メディアなどによると、人道的査証(ビザ)を発給したポーランドへの直行便に搭乗予定とされたが、急きょ変更。オーストリア経由で向かうとみられて...
別窓で開く


[ 羽田空港 ] の関連キーワード

ルカシェンコ ベラルーシ ポーランド jal