本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



もし上司が異常に理屈っぽかったら? 会社で「生き抜く」ための7つのポイント
機嫌次第の上司、言うことをきかない部下、無茶ぶりするクライアント——。組織内での立ち居振る舞いに悩むビジネスパーソンのための人間方法論をまとめたのが、本書「官僚が学んだ究極の組織内サバイバル術」(朝日新書)である。元霞ヶ関官僚の著者が書いたサバイバル術は、さまざまな組織で応用が効きそうだ。...
別窓で開く

高橋洋一の霞ヶ関ウォッチ 「節電ポイント」はわずかばかり...政府の対策に合点がいかない理由
政府は2022年6月21日、「物価・賃金・生活総合対策本部」の初回会合を開催し、節電をした家庭や企業を優遇する新たな制度を導入すると明らかにした。具体的には、節電をした家庭や企業に電力会社のアプリを通じてポイントを付与する。前の年と比較して節電をした場合にポイントを還元し、電力がひっ迫する緊急時に節...
別窓で開く

日比谷公園を借景にヨガで波動アップ【辛酸なめ子の東京アラカルト#62】
(見晴らしの良い場所からのぞんだ日比谷公園。目当ての施設は一番奥の方にありました)日比谷公園内に意識が高そうなヨガやフィットネスの施設ができたというニュースを目にしました。 「BEACHTOWN日比谷公園」という名前で、日比谷あたりは400年前は海だった、ということに思いを馳せたくなります。...
別窓で開く

高橋洋一の霞ヶ関ウォッチ 黒田日銀総裁「値上げ許容」発言が提示していた「マクロ経済の良い論点」
日本銀行の黒田東彦総裁が「家計は値上げを許容している」と発言、撤回した問題の背景については、ミクロとマクロの混同、報道の切り取り、アベノミクスの金融緩和政策を否定したい人たち、参院選前に物価高を争点化したい勢力など、さまざまな要因が見え隠れする。今回の発言をめぐる本当の問題はどこにあるのか。...
別窓で開く

高橋洋一の霞ヶ関ウォッチ TPPに当分復帰できない米国...IPEFで果たす「対中国包囲網」
2022年5月22日に日米首脳会談、23日に日米豪印クワッド首脳会談が行われた。ロシア、中国、北朝鮮に対する安全保障の問題が議論されたのが大きな成果だ。経済関係では、米国が提唱する「インド太平洋経済枠組み」(IPEF)が興味深い。...
別窓で開く

来日中バイデン大統領の食事予定 話題に出た老舗料亭と「広島のお好み焼き」 (めざまし8)
昨日22日(2022年5月)に初来日した米バイデン大統領。これに合わせて都内は警察官1万8000人が動員される厳戒態勢となった。23日の「めざまし8」は、警備体制の様子を取材するとともに、首脳会談のポイントを詳しく伝えた。都内の様子だが、昨日は道路が各所で封鎖され、通る車の下側を一台ごとに鏡を当てて...
別窓で開く

高橋洋一の霞ヶ関ウォッチ 円安の方が「日本経済全体のGDP押し上げ効果がある」理由
円安の経済効果を考えてみよう。日銀の黒田総裁は、円安ドル高について「現状ではプラス面の方が大きい」と発言したのに対し、日本商工会議所の三村明夫会頭は「デメリットの方が大きい」と述べている。■三村会頭は中小企業を代弁、黒田総裁の意見は経済全体為替動向は輸出入や海外投資を行う業者にとって死活問題だ。...
別窓で開く

「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。■ロシアの中に、ウクライナが隠れている「週刊東洋経済」(2022年5月14日号)「週刊東...
別窓で開く

東洋のベン・ホーガン誕生秘話 日本オープン史上初のプレーオフ【名勝負ものがたり】
歳月が流れても、語り継がれる戦いがある。役者や舞台、筋書きはもちろんのこと、芝や空の色、風の音に至るまでの鮮やかな記憶。かたずを飲んで見守る人の息づかいや、その後の喝采まで含めた名勝負の舞台裏が、関わった人の証言で、よみがえる。17番のパー5、第2打地点。この日28回目の誕生日を迎えた陳清波のドライ...
別窓で開く

ロシア国営放送ハッキングのアノニマス、過去には日本も攻撃対象に? 思わぬ間違いも
ロシアのウクライナ侵攻を受けて、国際的なハッカー集団のアノニマスがロシアに宣戦布告を行い、話題となっている。3月6日には、ロシアの国営放送や映像配信サービスのハッキング成功を宣言し、ウクライナの戦闘の様子が数十秒間に渡り流された。 アノニマスは、別の動画では「現段階で、この紛争を止める最も平和的な方...
別窓で開く


[ 霞ヶ関 ] の関連キーワード

日比谷公園 ロシア

<前へ1234次へ>