本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



<刑務所>受刑者高齢化で認知症急増中!受刑者が語るその「哀しい現実」とは?
どうも特殊犯罪アナリストの丸野裕行です。11月に認知症受刑者をテーマにしてドキュメンタリー作品が、《第41回地方の時代映像祭》でグランプリを受賞しました。その作品が、岡山放送が制作をした『忘れてはいけないこと〜認知症受刑者が問いかけるもの〜』。この作品は、約400人の受刑者が収容されている岡山刑務所...
別窓で開く

NHK紅白司会は和久田麻由子アナに軍配!「女の戦い」で桑子真帆アナを制した理由は?
 “NHKの顔”をめぐる女の戦いが決着した。「10月末に第72回目となる紅白歌合戦の司会者が発表されましたが、“どちらの女子アナ”が司会を務めるか、業界で注目されていたんです」(テレビ誌記者) 片や2017年以降、3回も紅白司会を務めた“女王”桑子真帆アナ(34)。対するは東京五輪開会式実況という大...
別窓で開く

NHK岩田明子氏の復権、菅シフトを敷いたら退陣で岸田首相に直電できる記者が不在に
■岸田氏と読売新聞の関係 このところNHK政治部の報道が他社に比べて見劣りするケースが少なくない。菅前首相の退陣が濃厚になって以降、といってもいいだろう。前内閣発足時に菅氏に近いとされる記者を配置して備えたが、肝心の首相が政権を投げ出してしまったから致し方ないといえばそれまでだが……。...
別窓で開く

上白石萌音、朝ドラ舞台裏の「ぷるぷる肉感ヒップ」映像に期待値マックス!
 11月1日から、NHK朝ドラ「カムカムエヴリバディ」がスタートした。同ドラマでは、親子100年のファミリーストーリーが描かれるとのことで、話題を集めている。「『カムカム─』は、ラジオ英語講座とともに歩んだ母、娘、孫の3世代が織りなす100年の物語です。初回では、1925年に岡山の和菓子店でヒロイン...
別窓で開く

思わぬ形で初冠番組が終了したハナコ 聞き取り調査の対象にも?
 フジテレビ系列の岡山放送(OHK)に勤務していた30代の男性社員が7月に自殺し、同社が「長時間労働が自殺の主な原因だった」として、遺族に経緯を報告。同社は幹部社員らの処分を検討していることを9月末、一部全国紙が報じた。 記事によると、亡くなった男性社員は報道部門の記者だったが、2020年春にバラエ...
別窓で開く

秋篠宮眞子さんと小室圭の正式な結婚発表が10月1日(2021年)、緊急事態宣言明けに行われるようだ。そのため、小室圭が9月27日にも帰国し、14日間の隔離生活を経た後、眞子さんと2人で記者会見を開くといわれている。どのような会見になるのだろう。時期は10月中旬。場所は婚約会見と同じ赤坂東邸か。最初に...
別窓で開く

 両備グループが、イトーヨーカドー岡山店跡などで進めている再開発事業「杜の街グレース」(岡山市北区下石井)で、岡山県初となる大型フードホールが2022年夏に登場することが、決まった。岡山県や瀬戸内地方を代表する約20の名店が集結、杜の街づくりグレースの中核となって人々が集まる場所を目指す。...
別窓で開く

中田翔と大谷翔平。中田は大谷の6年先輩だが、共にドラフトで日ハムから1位指名され、中田は高卒新人としては史上5人目となる契約金1億円の大物ルーキーだった。大谷は大リーグ志望だったが、日ハムが強引に1位指名。投手と野手の二刀流選手として注目を集めた。中田は昨年までの12年間で本塁打257本、打点王を3...
別窓で開く

「NHKの絶対エース」和久田麻由子アナが四苦八苦した実況があった
 NHKの和久田麻由子アナウンサーの評価がうなぎ上りだ。7月28日発売の「週刊ポスト」が伝えた。 東大卒の才媛で女優並みのルックス。世の男性をトリコにする和久田アナは現在、報道番組「ニュースウォッチ9」のMCを担当するほか、7月23日に行われた東京五輪の開会式では中継キャスターにも抜擢された。...
別窓で開く

菊池雄星、オールスターで注目を浴びた元フリーアナ美人妻との意外な馴れ初め
 7月13日に行われたメジャーリーグのオールスターゲームに初選出された、マリナーズの菊池雄星。残念ながら出場登録は外れたものの、当日はベンチに入り大谷翔平と会話を交わすなど、中継ではその雰囲気を存分に楽しんでいる様子が窺えた。 そんな中、大注目を浴びたのが、菊池の妻で元フリーアナウンサーの深津瑠美さ...
別窓で開く


<前へ12次へ>