本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



山口百恵さん“スターになっても驕るな”弔問にも駆けつけた亡き恩人マネジャーの教え
弦楽の生演奏で奏でられていたのは、『あの鐘を鳴らすのはあなた』、そして『横須賀ストーリー』『プレイバックpart2』——。4月30日に急性心不全で亡くなったホリプロの前会長・小田信吾さん(享年83)。そのお別れの会が6月21日に行われた。小田さんは、和田アキ子(72)や山口百恵さん(63)にとっての...
別窓で開く

DeNA・オースティン 28日西武との2軍戦で実戦復帰へ 4月に右肘手術も球宴前に1軍復帰か
 4月に右肘のクリーニング手術を受けたDeNA・オースティンが、28日にイースタン・リーグの西武戦(横須賀)で実戦に復帰することが濃厚となった。 「(手術が)早く復帰するための最善の策」と話していた主砲は、早ければ球宴前の1軍昇格も見込める。また、右肩の張りで離脱している三嶋も経過は順調。...
別窓で開く

DeNA・京山、プロ6年目でついに本格化? 希少な高卒右腕にかかる期待
若手のホープ・京山将弥が、6年目にして本格化の兆しを見せている。 26日に行われた本拠地・横浜スタジアムでのカープ戦に先発した京山は、強風と灼熱のコンディションの中で奮闘。決して絶好調ではなかったものの、時折150キロを超える球威十分のあるストレートを軸に、カーブで緩急をつけながら、スプリット、カッ...
別窓で開く

広島 秋山翔吾の獲得発表! 「カープにとって大きな財産になる」の熱意伝わる
 広島が27日、日本球界復帰を決めた秋山翔吾外野手(34=前パドレス傘下3Aエルパソ)の獲得を発表した。 秋山は海外フリーエージェント権を行使して20年にレッズ入り。今季開幕前に戦力外となった。5月にエルパソと契約したがメジャー昇格はならず、6月16日に自由契約が発表された。...
別窓で開く

秋山 広島入り決断激白 響いた「カープの大きな財産になる」 3年契約「欲しい条項の一つだった」
 日本球界に復帰する秋山翔吾外野手(34=前パドレス傘下3Aエルパソ)が26日、広島への移籍を決めた。西武、ソフトバンクと三つ巴の争奪戦だったが、交渉で感じた熱意と自身の思いが合致。この日までに他2球団に断りの連絡を入れた。今季途中から24年までの3年契約、総額3億5000万円以上で出来高払いも付い...
別窓で開く

借金9DeNA 巻き返しへオースティンが球宴前にも1軍昇格へ 4月に帰国し右肘手術
 DeNAは26日、本拠地で広島に敗れ3連敗。広島相手に今季1勝11敗、借金は同最多の9で、同日曜日も1勝10敗となった。 月内にも自力優勝が消滅する危機に陥ったが、一方で28日のイースタン・リーグ西武戦(横須賀)で、タイラー・オースティン外野手が実戦参加し、オールスター前の1軍昇格を目指す可能性が...
別窓で開く

銀座で3000万円台、厚すぎる床…“失われたデフレ時代”のすごいマンション
メイド専用室付き10億ション、風呂が3つある…〈値段が高いほどよい〉時代に生まれた“バブル時代のヤバいマンション” から続く 日本を覆う長いデフレの時代。“住まい”という、生活に密着する市場では何が起きていたのか——。 全国に16万棟あると言われるマンションの中には、その後の建築に新たな流れをひ...
別窓で開く

核抑止論の限界 東浩紀と小泉悠が国際世論の“感情化”に警鐘
国際世論の過熱が核応酬の危機をもたらす。東浩紀氏と小泉悠氏による対談「ロシアは絶対悪なのか」を一部公開します。(「文藝春秋」2022年7月号より))◆ ◆ ◆■「人間は昔と変わらず残虐なことをする」小泉 東さんとお会いするのは僕が東さんの経営するゲンロンカフェにお邪魔したとき以来ですね。...
別窓で開く

合計204歳ニッポン放送レジェンドアナ3人 高嶋ひでたけ、上柳昌彦、松本秀夫はまだまだ元気
ニッポン放送のレジェンドパーソナリティー、高嶋ひでたけ(80)上柳昌彦(64)松本秀夫(60)が24日、東京・大田文化の森ホールで、250人を集めてトークライブショー「らじお de Show」を開いた。3人は合計204歳。“ラジオのグレートな3人”という意味のユニット「G3s(ジーサンズ)」を結成。...
別窓で開く

首都圏を守る! 切り札は「ペトリオット」航空自衛隊第1高射群の役割 災害派遣も
北朝鮮の弾道ミサイルの脅威が高まるなか、認知度が急速に高まったのが地対空ミサイル「ペトリオット」PAC-3。これを運用するのが航空自衛隊の高射部隊です。なかでも首都圏の防空を主任務とする第1高射群を取材してきました。日本で最も歴史ある地対空ミサイル部隊 24時間365日絶え間なく日本の空を守っている...
別窓で開く