本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



殺人犯「松井知行容疑者」が逃亡先の南アフリカで自殺するまで 一緒に逃げた女性と遺書の中身
 日本の公安警察官は、アメリカのCIA(中央情報局)やFBI(連邦捜査局)のように華々しくドラマや映画に登場することもなく、その諜報活動は一般にはほとんど知られていない。警視庁に入庁以後、公安畑を十数年歩き、数年前に退職。昨年9月に『警視庁公安部外事課』(光文社)を出版した勝丸円覚氏に、逃亡先の南ア...
別窓で開く

17年間にわたり海外逃亡していた殺人犯、新型コロナで資金が底をついて自首=韓国でも報道
17年前に殺人を犯し、海外で逃亡生活を送っていた日本人男性が、新型コロナウイルス感染症の大流行により、逃亡資金が底をつき、自首して日本に帰国を申請した。日本の朝日新聞によると4日、警視庁は殺人容疑で国際手配されていた紙谷惣容疑者(46)が、先月下旬に逃亡先の南アフリカで日本大使館に出頭し、「お金がな...
別窓で開く


<前へ1次へ>