本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



寺島進が本音で語った『駐在刑事』を「日本一美しい連続ドラマにする」ことと「棺に入れてほしいもの」
寺島進(撮影/佐藤靖彦)■「俺なんて、なんにもしていないですよ。まわりの力を借りているだけ。それでも、撮影が終わると“駐在ロスです”とか“駐在の現場がホームグラウンドです”と、言ってくれる共演者やスタッフがいて。みんな同じ気持ちだと思うと、すごくうれしいよね」寺島進『駐在刑事』シリーズへの思い 自身...
別窓で開く

殺人犯「松井知行容疑者」が逃亡先の南アフリカで自殺するまで 一緒に逃げた女性と遺書の中身
 日本の公安警察官は、アメリカのCIA(中央情報局)やFBI(連邦捜査局)のように華々しくドラマや映画に登場することもなく、その諜報活動は一般にはほとんど知られていない。警視庁に入庁以後、公安畑を十数年歩き、数年前に退職。昨年9月に『警視庁公安部外事課』(光文社)を出版した勝丸円覚氏に、逃亡先の南ア...
別窓で開く

ソルテラの脇を固めた「警視庁EVパトカー軍団」に注目! 日本初のEV覆面も 東京マラソン
一般ランナーも参加しての開催は3年ぶりとなった東京マラソンで警視庁のEVパトカーが複数活動していました。なかには、赤色灯を載せていないと警察車両だとわからないものも。テレビ中継などで見るパトカーたちが変化しています。BMWの電動バイク以外にも 増えた警察のEV車両 東京マラソンが2022年3月6日(...
別窓で開く

多摩川で流された9歳男児 川底から発見、死亡を確認
 東京・奥多摩町の多摩川で行方不明になっていた男の子が川底から心肺停止の状態で見つかり、死亡が確認されました。溺れたとみられています。 9歳の男の子は奥多摩町の多摩川で8月22日の昼すぎから行方が分からなくなっていました。警察と消防が捜索していましたが23日午前、川底から心肺停止の状態で見つかり、病...
別窓で開く

17年間にわたり海外逃亡していた殺人犯、新型コロナで資金が底をついて自首=韓国でも報道
17年前に殺人を犯し、海外で逃亡生活を送っていた日本人男性が、新型コロナウイルス感染症の大流行により、逃亡資金が底をつき、自首して日本に帰国を申請した。日本の朝日新聞によると4日、警視庁は殺人容疑で国際手配されていた紙谷惣容疑者(46)が、先月下旬に逃亡先の南アフリカで日本大使館に出頭し、「お金がな...
別窓で開く

新しいモニタリングの初の分析結果を受けて 都が注意喚起「感染拡大要警戒」
暮らしに役立つ情報をお伝えするTOKYO MX(地上波9ch)の情報番組「東京インフォメーション」(毎週月—金曜、朝7:15〜)。今回は新型コロナウイルス感染症の新たなモニタリング初分析についてや、7月5日(日)が投票日の東京都知事選挙について紹介しました。...
別窓で開く


<前へ1次へ>