本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



空条承太郎の元ネタはSF漫画?『ジョジョの奇妙な冒険』のオマージュ検証【第3部編】
空条承太郎の元ネタはSF漫画?『ジョジョの奇妙な冒険』のオマージュ検証【第3部編】】 (C)PIXTA『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズといえば、海外のバンドを元ネタにしたスタンド能力や登場人物が登場することでお馴染み。しかし実はそれ以外にも、多くの要素に元ネタが存在する。...
別窓で開く

信州「高遠駅」無人化 70年前から鉄道なくても“駅” 背景にあった鉄道計画とは
長野県南信地方にある「高遠駅」の窓口が閉鎖し、無人化されます。といっても鉄道駅ではなく、バスの拠点としての「自動車駅」です。その裏には鉄道の敷設へ向け人々が汗を流した歴史があり、それが国鉄バス路線の開設へとつながりました。バスの行先「高遠駅」 そこに鉄道駅はないが 鉄道はないものの「駅」を名乗り、7...
別窓で開く

美術館の根幹を成す“寄贈”“寄託”とは? 片桐仁、公立美術館の成り立ちに感服
TOKYO MX(地上波9ch)のアート番組「わたしの芸術劇場」(毎週土曜日 11:30〜)。この番組は多摩美術大学卒で芸術家としても活躍する俳優・片桐仁が、美術館を“アートを体験できる劇場”と捉え、独自の視点から作品の楽しみ方を紹介します。10月23日(土)の放送では「平塚市美術館」で公立美術館の...
別窓で開く

Z会や進研セ?ミた?けじゃない! 通信教育はタブレットで激変
昨年春の臨時休校は3カ月にも及び、その間、子どもの学習時間をどう確保するか頭を悩ませた保護者も少なくありません。そうした中、家庭で勉強できる通信教材のニーズが急速に高まりました。昭和の頃からから変わらず小学生〜高校生の家庭学習を支える通信教材は手堅い人気がありますが、2010年代に入るとそれまでの紙...
別窓で開く

法案ミスで"一太郎禁止"報道に農水省「ミスが原因ではない」 現在はWordが多数派
今やワープロソフトといえばマイクロソフト社の「Word」が一般的だが、かつて国内では「一太郎」を使う人も多かった。現在でも一部の省庁や企業で使われているというが、ほとんど見かけなくなっている。そうした中、農林水産省が相次ぐ法案ミスを受けて、一太郎を原則として省内で使用しないよう通知を出したと報じられ...
別窓で開く

ジャストシステムの平均給与はいくら? これだけもらえる優良企業
上場企業の財務諸表から待遇を探る「これだけもらえる優良企業」シリーズ。今回は、日本語ワープロソフト「一太郎」や通信教育「スマイルゼミ」などで知られるジャストシステムを取り上げます。通信教育「スマイルゼミ」で業績急伸ジャストシステムは、1979年に徳島県で創業。パソコン黎明期には、日本語ワープロソフト...
別窓で開く

「俺は電子メールは見ない主義」という部長クラスも 1990年代、IT化で激変した日本の職場
前回の記事では、現在50代以上の昭和型上司のデジタルへの恐怖はWindows95が引き起こしたものであることや紙への並々ならぬこだわりはそのトラウマによる反動であることをご紹介しました。(前回はこちら)今回は、題して“電子メールの悲哀”です。...
別窓で開く

懐かしの「一太郎」っぽい看板を発見→近づいてみると... まさかの「手書き」だった
みなさんは「一太郎スマイル」を覚えているだろうか。一太郎スマイルとは、かつて販売されていた小学生の学習支援ワープロソフトのこと。授業で使ったことがあるという人もいるだろう。その一太郎スマイルを彷彿させる看板が、野球場やテニスコートなどの複数施設が集まる「三沢市民の森」(青森県三沢市)に存在するという...
別窓で開く

パソコンメーカー人気ランキング 1位は富士通、2位はNEC、3位は東芝
「自宅で使用しているパソコンのメーカーは?」という調査結果で、総合ランキング1位は「富士通」で35.0%、2位は「NEC」で17.7%、3位は「東芝」で16.0%、4位は「特定のメーカーではない(自作PCなど)」で10.9%、5位は「DELL(デル)」で9.9%という結果でした。総合ランキングの詳細...
別窓で開く


<前へ1次へ>