本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



突然失脚した「ENEOS HD」の最高権力者・杉森務前会長の実力(有森隆)
(“モーレツサラリーマン”と呼ばれ…(杉森務氏)/(C)共同通信社)【企業深層研究】ENEOS HD(上) 石油元売り最大手・ENEOSホールディングスの代表取締役会長だった杉森務が、8月12日に突如、辞任を表明した。当初、退任の真相はベールに包まれ、「一身上の都合」としか明らかにされなかった。...
別窓で開く

「パパ活が露呈しても、社内に影響は全くありません」社長の不祥事がバレても「平気な企業・傷を負う企業」の差
 今年は、横浜ゴム・山石昌孝社長(60)のパパ活やENEOSホールディングス・杉森務会長(67歳)の性的暴行など、企業経営者の「プライベートのトラブル」がたびたび世間を騒がせました。 社会的地位が高く、注目度が高い経営者は、公の場ではクリーンなイメージを保とうとします。しかし、人間は誰しも、「表と裏...
別窓で開く

ENEOS元会長が“キス強要”で被害女性は骨折 抵抗する女性に「銀座では普通」
■業界に衝撃を与えた電撃辞任 今年8月、石油元売り最大手・ENEOSホールディングスの代表取締役会長を務めていた杉森務氏(66)が、突如辞任を表明。その背景には、杉森氏が今年7月に沖縄で女性に対して行った“凄絶な性加害”が隠されていたことが分かった。女性に対するおぞましい行為の数々とは——。...
別窓で開く

ENEOS会長、電撃辞任の理由は“凄絶”性加害だった 「胸を触り、キスを強要」被害女性は骨折
■首を絞めるような格好でキスを強要 今年8月、石油元売り最大手・ENEOSホールディングスの代表取締役会長を務めていた杉森務氏(66)が、突如辞任を表明。その理由として「一身上の都合」とだけしか説明がなかったことで業界関係者、投資家たちから困惑の声が上がったが、その背景には、杉森氏が今年7月に沖縄で...
別窓で開く

「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。■インフレ時代の資産戦略とは?「週刊ダイヤモンド」(2022年2月5日号)2022年1月...
別窓で開く

コロナ禍で5年後に業界はこう変わる! 週刊ダイヤモンドが特集【ビジネス誌 読み比べ】
「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。7月12日発売の「週刊ダイヤモンド」(2021年7月17日号)の特集は、「5年後の業界地...
別窓で開く


<前へ1次へ>