本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



家計負担年4万円増!「賃金増えない物価上昇」招いたアベノミクスの功罪
内閣府は7日、国内経済の現状報告書「日本経済2021-2022」を発表した。報告書によると、食料品の値上げや原油の高騰に伴うエネルギー価格の上昇で、令和3年の家計負担が前年比2万7,000〜3万9,000円増える試算になるという。年間約4万円の支出増を引き起こす“値上がり”はなぜ発生しているのだろう...
別窓で開く

もはやリモートはリアルの代替ではない...日本経済再生のチャンス!
新型コロナウイルスの感染拡大によって、周知のとおりだが、リモートワークが広がっている。それ以外にも、リモート面会や面接、オンライン営業なども進んできた。本書「リモート経済の衝撃」(ビジネス社)は、この変化を前向きにとらえ、日本経済が再生する最後のチャンスだと訴えている。「リモート経済の衝撃」(野口悠...
別窓で開く

「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。■インフレ時代の資産戦略とは?「週刊ダイヤモンド」(2022年2月5日号)2022年1月...
別窓で開く

野口悠紀雄氏、韓国メディアに「日本はサムスンに絶対に追いつけない」「韓国は日本より生産性や付加価値高い」
日本の経済学者である野口悠紀雄一橋大学名誉教授が韓国メディアの取材に対し、「日本の半導体メーカーは現在では絶対にサムスンに追いつくことができない」と述べたことが分かった。...
別窓で開く

「日本は20年後、経済規模で韓国に追い抜かれる」日本の経済学者が「ストレートに言及」=韓国報道
「日本は20年後、経済規模で韓国に追い抜かれる」。韓国メディア「朝鮮日報」は10日、大蔵省(現財務省)官僚出身の経済学者 野口悠紀雄 一橋大学名誉教授が先月、日本の経済専門誌「現代ビジネス」と「東洋経済」にこのような内容のコラムを掲載し、日本の経済制裁を強く批判したと報じた。...
別窓で開く

デジタル庁発足から1ヵ月あまり デジタル社会構築への課題
「報道部畑中デスクの独り言」(第267回)ニッポン放送報道部畑中デスクのニュースコラム。今回は、デジタル庁について—マイナンバーカードを健康保険証として活用 デモンストレーションに参加する牧島大臣(10月10日 デジタル庁提供)「思い切ってデジタル化を進めなければ、日本を変えることはでき...
別窓で開く

週刊東洋経済は「無敵の文章術」週刊ダイヤモンドは「海外マル秘節約術」を特集【ビジネス誌 読み比べ】
「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。8月2日発売の「週刊東洋経済」(2021年8月7・14日号)は、「無敵の文章術」を特集。...
別窓で開く

「新型コロナ個人情報保護の問題」日韓協力を=韓国済州知事
ウォン・ヒィリョン(元喜龍)チェジュ(済州)知事は21日、「韓国と日本が個人情報を保護しながら感染症を社会的に制御することができる技術とシステム作りに協力しなければならない」と強調した。元喜龍知事はこの日の午前、執務室で「新型コロナウイルスの対応とポストコロナ」をテーマに開かれた「韓日未来の対話−ポ...
別窓で開く


<前へ1次へ>