本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「関東大震災 朝鮮人虐殺」の研究家 姜徳相氏が死去
関東大震災当時の朝鮮人虐殺を研究した、民族主義の在日韓国人歴史学者であるカン・ドクサン(姜徳相)氏が、今日(12日)午前9時30分頃 東京で亡くなった。享年90歳であった。カン氏の娘であるカン・スリョン氏は「父は5年ほど前から、悪性リンパ腫により闘病生活を送っていた」と語った。...
別窓で開く


<前へ1次へ>