本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「男の威厳の失墜」「一種の劣情狂」伯爵家の若夫人がお抱え運転手と鉄道に…飛び交う言葉が浮き彫りにするもの
 明治時代から戦後間もなくまで、日本には華族制度があった。江戸時代までの公家と旧大名に加えて、明治維新やその後の日清・日露戦争などで勲功があった政治家、軍人らが「公侯伯子男」の爵位を獲得。「皇室の藩屏(垣根)」とされる一方、特権的な貴族階級として華やかな栄誉に包まれ、敬意と羨望と怨嗟を受けながら日本...
別窓で開く

「関東大震災 朝鮮人虐殺」の研究家 姜徳相氏が死去
関東大震災当時の朝鮮人虐殺を研究した、民族主義の在日韓国人歴史学者であるカン・ドクサン(姜徳相)氏が、今日(12日)午前9時30分頃 東京で亡くなった。享年90歳であった。カン氏の娘であるカン・スリョン氏は「父は5年ほど前から、悪性リンパ腫により闘病生活を送っていた」と語った。...
別窓で開く


<前へ1次へ>