本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



評論家の山本七平氏は、1977年刊行のベストセラー『「空気」の研究』で「日本社会は空気に支配されている」と説いた。ライター・編集者の中川淳一郎さんは「その支配力はますます強くなっている。『空気』に翻弄される生き方を続ける日本人が、幸せにはなれるはずはない」という──。■日本社会を支配する「空気」に目...
別窓で開く

■賃金が追いつかないほど物価が上がり続けている2022年を振り返ると、わが国の物価は久しぶりに上昇した。異常気象、ウクライナ危機などで、世界的に資源、食料品などの価格が上昇したことが大きく影響した。それに加えて、外国為替市場で円安が進んだことも物価の上昇を加速した。日米の金利差急拡大の観測によって、...
別窓で開く

年齢を重ねても脳の健康を守る方法はあるのか。精神科医の和田秀樹さんは「生き生きとした老後を手にしたければ、“老害の壁”に負けてはなりません。高齢者を否定する世間の同調圧力に負けて自制的な生き方をすると、脳が縮み、認知症になるリスクが高まってしまう」という──。※本稿は、和田秀樹『老害の壁』(エクスナ...
別窓で開く

日本人の歌舞伎離れが進んでいる。日本女子大学の細川幸一教授は「特に本丸である『歌舞伎座』の客層は高齢者ばかりで、日によっては半分も埋まらない。伝統と慣習に重きをおくなかで、高齢者からも若い世代からも見放されてしまっている」という——。■人気俳優が揃い、伝統的な演目が並ぶのに東銀座は松竹の本拠地だ。主...
別窓で開く

若者はどんな職場を求めているのか。リクルートワークス研究所の古屋星斗さんは「成長を感じられることが重要だ。居心地の良い職場にしようと、若手が辞めないようにご機嫌取りに走る上司がいるが、それでは逆効果になる」という——。※本稿は、古屋星斗『ゆるい職場—若者の不安の知られざる理由』(中公新書ラクレ)の一...
別窓で開く

東京の自然と生息する生き物を デジタル技術を活用し体験・理解を深める「東京自然いきもの展」
暮らしに役立つ情報をお伝えするTOKYO MX(地上波9ch)の情報番組「東京インフォメーション」(毎週月—金曜、朝7:15〜)。今回は8K映像やARなどデジタル技術を活用して東京の自然と生き物を知り・理解を深めることができる、体験型展示イベント「東京自然いきもの展」についてや、「ライフ・ワーク・バ...
別窓で開く

若者は仕事に何を求めているのか。リクルートワークス研究所の古屋星斗さんは「若者が多様化していて、平均像を語るのは難しい。共通する傾向があるとすれば、プライベート志向とコストパフォーマンス志向だ」という——。※本稿は、古屋星斗『ゆるい職場—若者の不安の知られざる理由』(中公新書ラクレ)の一部を再編集し...
別窓で開く

■ウクライナ侵攻前の価格まで下落した天然ガス価格ヨーロッパの天然ガス価格が下落している。指標となるオランダTTFの天然ガス価格(図表1)は、昨年2月24日にロシアがウクライナに侵攻したことを受けて急騰し、8月21日週の終値で339.195ユーロ/MWhまで上昇した。その後、天然ガス価格は下落に転じ、...
別窓で開く

党員も執筆、次々に出版される“日本共産党本”が訴える党改革案とは 実は「選挙」で選ばれていない共産党の指導機関
(筆坂 秀世:元参議院議員、政治評論家) このところ立て続けに日本共産党に関する本が出版されている。日本共産党は、昨年(2022年)党創立100周年を迎えた。それに合わせて2022年5月に、中北浩爾一橋大学大学院教授の『日本共産党 「革命」を夢見た100年』(中公新書)が出版された。...
別窓で開く

なぜ若者は会社を辞めるのか。リクルートワークス研究所の古屋星斗さんは「転職は『不満型』から『不安型』へ変わっている。2010年代以降に進んだ働き方改革で、職場環境の不満は改善した。そのかわり、成長を実感できない環境に不安を感じるようになっている」という——。※本稿は、古屋星斗『ゆるい職場—若者の不安...
別窓で開く


[ 一橋大 一橋大学 一橋大学 ] の関連キーワード

歌舞伎座 共産党 ロシア