本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



中国企業とのビジネス交渉をうまく進めるにはどうすればいいか。国際弁護士の射手矢好雄さんは、「中国企業は、金銭的利益が第一であることが多く案外簡単だ。特殊な法律を盾にしてくる場合は『では取引しない』と突き放してしまえばいい」という——。(第1回/全3回)※本稿は、齋藤孝・射手矢好雄『BATNA 交渉の...
別窓で開く

■世界中で“石炭の争奪戦”が激化している6月に入り、中国では猛暑によって河南省などで電力の需要が急増し、電力の供給不安が高まっている。昨年9月、中国では石炭の不足などによって電力の供給が落ち込み、経済に大きな制約が生じた。習近平政権は脱炭素に対応するために削減した石炭生産を再開し、輸入も増やした。そ...
別窓で開く

■韓国の苦境は日本にとってひとごとではない韓国経済の先行き懸念が高まっている。その要因は複数ある。その中でも、中国での“ゼロコロナ政策”と“脱グローバル化”の加速によって世界のサプライチェーンが寸断され、韓国経済に大きな支障が出ている。特に、韓国の貿易収支が赤字に転落する月が増えたことは見逃せない。...
別窓で開く

「慰安婦」「徴用工」を伝説の外交官はどう考えていたか
 廬武鉉(ノムヒョン)大統領の登場以降、日韓関係は冷却化の一途をたどってきた。国と国が激しく対立するケースは、歴史上めずらしいことではなく、中にはほとんど修復の可能性がないとみられる関係もある。しかし、外交官、岡本行夫氏は「日韓関係の修復は不可能ではない」と見ている。韓国で5年ぶりの保守政権が発足し...
別窓で開く

中露につけこまれない日米関係を作るには 首脳同士の「作法と気概」
 ロシアのウクライナ侵攻を機に、首脳外交が活発化している。国家の関係を左右するのは、結局のところ、最高首脳同士の相性だ。 日米関係でいえば岸田文雄首相とジョー・バイデン大統領は足並みをそろえたが、過去にも中曽根康弘首相とロナルド・レーガン大統領、小泉純一郎首相とジョージ・W・ブッシュ大統領、安倍晋三...
別窓で開く

転職準備は40代で始めないと手遅れ 「70歳定年延長法」が加速させる大リストラ
 黒字でも早期退職者を募る企業が増えている。政府が「70歳まで定年を延ばす」と言い出したことで、給料の高いシニアには早く辞めてもらいたいという企業の本音をあぶりだすことになった。では、中高年は辞めて仕事があるのか。『定年格差』の著者が明かす真実。 *** コロナ禍で「以前とは働き方が変わった」という...
別窓で開く

絶滅危惧種のアムールトラが教えてくれる人間の未来【12月は、2022年をのぞき見する一冊】
2021年も残り1か月を切った。昨年来のコロナ禍でさまざまな活動が「自粛」され、人々は悶々とした生活を送っている。夏に開かれた東京オリンピック・パラリンピックの代表選手や、米大リーグのロサンゼルス・エンゼルス、大谷翔平選手の大活躍に胸が熱くなり、救われた思いだった。さて、来る2022年、干支は寅。...
別窓で開く

週刊東洋経済は「無敵の文章術」週刊ダイヤモンドは「海外マル秘節約術」を特集【ビジネス誌 読み比べ】
「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。8月2日発売の「週刊東洋経済」(2021年8月7・14日号)は、「無敵の文章術」を特集。...
別窓で開く

米雇用統計に着目も明暗  波に乗った? 慶大と一橋大、早大と明大は一歩後退(第6節)【FX大学対抗戦 Bグループ】
今週(2021年6月28日週)は米国の雇用統計などの発表をきっかけに、取引に臨んだ学生トレーダーだが、結果は明暗が分かれた。慶応義塾大学の2Gさんは大きく利益を上げたものの、「自分としては理解できず、また納得できない」と話す。「勝って兜の緒を締めよ」といったところか。一橋大学のボンゴレさんは保有して...
別窓で開く


<前へ1次へ>