本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



■わが国経済に創造的破壊をもたらす可能性がある2022年春にソニーグループ(ソニー)は、電気自動車(EV)の設計・開発などを行う“ソニーモビリティ”を設立し、EVの市場投入を本格検討すると発表した。最も重要なポイントは、ソニーが世界的な競争力を磨き上げてきたCMOS(complementary me...
別窓で開く

外国人留学生が来ない!日本の大学がピンチ—華字メディア
2022年1月13日、華字メディア・日本華僑報は、新型コロナの感染拡大により留学生の受け入れを停止している日本で、大学が悲鳴を上げていると報じた。記事は、岸田文雄首相が11日、オミクロン変異株の感染拡大を考慮して、外国人の入国停止措置を2月末まで延長することを明らかにしたと紹介。...
別窓で開く

 武藤正敏・元駐韓大使と東海大の金慶珠教授、一橋大のクォン・ヨンソク准教授が14日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、3月の韓国大統領選の主要3候補について議論した。  尹錫悦(ユン・ソクヨル)氏周辺のスキャンダルについて、金...
別窓で開く

日本が先進国から脱落?1人当たりGDPがOECD平均以下に=韓国ネット「反省がないと発展もない」
2022年1月12日、韓国・聯合ニュースは「30年近く景気低迷の続いている日本が、1970年代から維持してきた先進国の地位を失う可能性がある」と報じた。記事は、一橋大学名誉教授の野口悠紀雄氏が最近、「ダイヤモンドオンライン」に寄稿した記事を紹介。...
別窓で開く

■寒冷地ノルウェーでは普及しづらいはずだったが…ノルウェーは、ヨーロッパの中でも電気自動車(EV)の普及が目覚ましい国だ。ノルウェー道路連盟(OFV)によると、同国の2021年の乗用車の新車販売台数のうち、実に64.5%がEVであった(図表1)。それに続くハイブリッド車(HV)が27.2%、日本でい...
別窓で開く

トラブル続き「みずほFG」新社長人事に政界仰天! 岸田首相の“懐刀”の実兄だった
 メガバンクのトップ人事が永田町で話題を呼んでいる。 傘下のみずほ銀行でシステム障害が相次いだみずほフィナンシャルグループ(FG)が、責任を取って4月に辞任する坂井辰史社長(62)の後任に木原正裕執行役(56)を昇格させる方針を固めたのだ。木原氏は一橋大卒で89年に日本興業銀行(現みずほFG)入行。...
別窓で開く

自民、統治指針策定へ議論開始
 自民党の党改革実行本部(本部長・茂木敏充幹事長)は12日、党本部で有識者を交えた作業チームの会合を開き、党のガバナンスコード(統治指針)策定に向けた議論を開始した。会合では、中北浩爾一橋大教授や国際政治学者の三浦瑠麗氏ら専門家を招き、意見交換。今夏の参院選をめどに結論をまとめる見通しだ。 【時事通...
別窓で開く

財テクに走らなかった硬骨漢 住友電工の川上哲郎に関経連はイヤガラセをした(佐高信)
【佐高信「この国の会社」】「電線首位」のこの会社では会長だった川上哲郎を思い出す。川上は城山三郎と一橋大同期で骨のある経営者だった。「財テクをしない経営者は化石人間だ」と主張した長谷川慶太郎などに煽られて、多くの経営者が“濡れ手で粟”の財テクに走り、まもなくバブルが崩壊して、それこそ泡を食っていたこ...
別窓で開く

■個人消費、物流、生産、設備投資が回復しないここへきて、中国経済の安定成長期への転換が鮮明化している。これまでの中国経済を振り返ると、1978年に始まった“改革開放”から2010年代の半ばまで、中国経済はトレンドとして2ケタ実質GDP(国内総生産)成長率を維持した。特に、リーマンショック前まで中国経...
別窓で開く

野口悠紀雄氏、韓国メディアに「日本はサムスンに絶対に追いつけない」「韓国は日本より生産性や付加価値高い」
日本の経済学者である野口悠紀雄一橋大学名誉教授が韓国メディアの取材に対し、「日本の半導体メーカーは現在では絶対にサムスンに追いつくことができない」と述べたことが分かった。...
別窓で開く


[ 一橋大 ] の関連キーワード

住友電工 ノルウェ みずほ 関経連 悠紀雄
ソニー