本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。


もしかして


人付き合いは苦手だが人脈を増やしたい。どうすればいいか。経営学者の入山章栄さんは「経営学の視点から見た場合、人脈には大きく分けて2つのタイプがあります。タイプを見分け、付き合い方を変えるのがポイントなんです」という——。※本稿は、さわぐちけいすけ、入山章栄『経営理論をガチであてはめてみたら自分のちょ...
別窓で開く

国会議員や会社経営者などのエリートたちは、社会的地位が高いにもかかわらず、なぜスキャンダルを起こすのか。医師の和田秀樹さんは「バカだからだ。まさか自分は失敗しないだろうと思っているのだろう。医師として、非常に危ういものを感じる」という——。※本稿は、和田秀樹『50歳からの「脳のトリセツ」 定年後が楽...
別窓で開く

■値上げした食料品は7000品近くにも足元で、わが国の物価上昇になかなか歯止めがかからない。10月、消費者物価指数(CPI)の総合指数は前年同月比では3.7%上昇した。生鮮食品を除く総合指数は同3.6%、生鮮食品およびエネルギーを除く総合指数は同2.5%の上昇だった。また、帝国データバンクの発表によ...
別窓で開く

■COP27でEVシフトの加速を呼びかけた英国英国が電気自動車(EV)シフトの先導を務めることにまい進している。英政府は11月16日、エジプトのシャルム・エル・シェイクで開催されたCOP27(第27回気候変動枠組条約締約国会議、会期は11月6日から18日まで)の場において、いわゆるゼロエミッション車...
別窓で開く

【100万円増額計画】サッカーW杯熱狂のなか、マーケットの動向は? FOMC議事録が公開...米経済は23年、景気後退となる可能性指摘されたが...【FX大学対抗戦 最終節】
学生のみなさんとともに、およそ半年にわたって挑戦してきた「100万円増額計画 FX大学対抗戦 Season6」もいよいよ最終節——。これまでの間、日々、マーケット情報に目を光らせてきたなかで、北海道大学 金融研究会の小松柊太さんは、「重要指標やトレンドを読み取って、方針を立ててから取引をする、という...
別窓で開く

意味のない延命治療はなぜなくならないのか。医師の森田洋之さんは「日本では『老と死』を病院に依存する傾向があり、『社会的入院』が多数にのぼっている。病院側も病床を埋めるためにそれを容認している」という——。※本稿は、森田洋之『日本の医療の不都合な真実』(幻冬舎新書)の一部を再編集したものです。■慢性疾...
別窓で開く

「コーポレートファイナンス」というテーマながら発売直後から多くの読者に絶賛され、Amazonで総合11位(2022年10月24日時)にまで順位をあげた本が、『新解釈 コーポレートファイナンス理論』です。同書は、なぜここまで熱狂的に評価されたのでしょうか? コーポレートファイナンス、コーポレートガバナ...
別窓で開く

日本の医療費を減らすにはどうすればいいのか。医師の森田洋之さんは「日本では病床を埋めるために患者が作られており、医療費高騰の原因となっている。しかも、医療の本質がゆがめられたことで、もはや健康な人の増加を喜べない体質になっている」という——。※本稿は、森田洋之『日本の医療の不都合な真実』(幻冬舎新書...
別窓で開く

『ほんとうの定年後「小さな仕事」が日本社会を救う』著者:坂本貴志〜話題の1冊☆著者インタビュー
『ほんとうの定年後「小さな仕事」が日本社会を救う』現代新書『ほんとうの定年後「小さな仕事」が日本社会を救う』現代新書/1012円坂本貴志(さかもと・たかし)1985年生まれ。リクルートワークス研究所研究員・アナリスト。一橋大学国際公共政策大学院公共経済専攻修了。厚生労働省にて社会保障制度の企画立案業...
別窓で開く

■多くの業界が東芝に手を差し伸べているが…東芝再建に向けた取り組みは、徐々にではあるが動き始めた。銀行、リース、自動車、半導体、電力会社などが東芝に出資する方針を表明、あるいは検討している。それは重要な変化ではある。ただ、東芝に出資するアクティビストファンドの存在などもあり、今後の展開は依然として不...
別窓で開く


[ 一橋大学 ] の関連キーワード

fomc