本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



“人工肉”は本当に夢のテクノロジーなのか? 今ニッポンで起こっている≪食の安全を脅かす新たな危機≫
 気候変動問題、ウクライナ侵攻による食料危機を背景に、食をめぐる世界市場では今なにが起きているのか? 急速に進むフードテックの裏側を描いた新著『 ルポ 食が壊れる 私たちは何を食べさせられるのか? 』が話題の国際ジャーナリストが語る、“食の文明史的危機”とは?——今後、フードテックの世界市場規模は7...
別窓で開く

物価上昇、歳入減、治安悪化...。アフターコロナのニューヨーク市が陥る負のスパイラル
パンデミックを脱し、普段の景色を取り戻したニューヨークのタイムズスクエア人口850万人のニューヨーク市は、2020年からの新型コロナ禍で300万件以上の感染例と、4万3000人以上の死者を記録。一時は世界最悪のホットスポットとも呼ばれた。その後、パンデミックからは脱した同市だが、治安悪化という新たな...
別窓で開く

米紙「露はウクライナの子供を戦利品にしている」「強制養子縁組…ジェノサイドに相当」
「自分は行きたくなかったのに、誰も私に尋ねなかったの」最近、ロシアのモスクワ近くの現地家庭に養子縁組されたアニャ(14)という名前のウクライナ人少女は、自身が望んでいないのにロシアに強制移住することになったとニューヨークタイムズ(NYT)の取材に答えた。...
別窓で開く

NY“地下トンネル”で暮らす母娘を描く『きっと地上には満天の星』 ホームレスは自己責任か?
『きっと地上には満天の星』© 2020 Topside Productions, LLC.All Rights Reserved.■暗いけど、星は見えない地下に住んでいて、地上に出ない生活をしている限り星を見ることはない。...
別窓で開く

アメリカの主要放送メディアで扱われていない「IPEF」
神戸大学大学院法学研究科教授で認定NPO法人「インド太平洋問題研究所」理事長の簑原俊洋氏が5月26日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。米バイデン大統領が来日して行われた日米首脳会談、「クアッド」首脳会合等について語った。...
別窓で開く

ウブロからUEFAチャンピオンズリーグを象徴するブルーを纏った世界100本限定の「ビッグ・バン ウニコ」が登場
「ビッグ・バン ウニコ UEFAチャンピオンズリーグ」UEFAチャンピオンズリーグは、選手やファンにとって特別な存在です。最高のチームと最高の選手が集い、人々の心をひとつにし、記憶に残るエキサイティングな試合が行われます。どの地域、選手、チームを応援するかということを超えて、それぞれの試合に情熱があ...
別窓で開く

変動期に安定した円建て利回りを確保する「グローバル・ターゲット戦略債券F」、運用責任者に聞く市場環境
 三井住友DSアセットマネジメントが3月2日に設定する「三井住友DS グローバル・ターゲット戦略債券ファンド2022−03(限定追加型)」は、約4年後に満期償還を迎える投資信託で、3月9日まで申込を受け付けている。ファンドは、信託期間内に満期償還される債券に投資し、為替は円ヘッジした上で年率1%程度...
別窓で開く


<前へ1次へ>