本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



日本の「原発再稼働」が世界から注目される「これだけの理由」
日本エネルギー経済研究所・首席研究員の小山堅氏が11月21日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。世界のエネルギー情勢について解説した。※画像はイメージですCOP27、気候変動の被害を支援する新たな基金創設へ国連の気候変動対策会議「COP27」で気候変動による被害を支援するため...
別窓で開く

米国、ウクライナ危機でエネルギー不足の欧州にLNG売り付け荒稼ぎ—中国メディア
欧州に厳冬が迫る中、中国メディアは米国がウクライナ危機で深刻なエネルギー不足に見舞われている欧州各国にLNG(液化天然ガス)を売り付けて荒稼ぎしている、と報じた。記事は「火事場泥棒をし、ひたすら利益を追求」とも非難した。中国網によると、企業のエネルギーコストを引き下げるため、イタリア中部のセラミック...
別窓で開く

“クリスマスに毒ガス”で迫る危機…最期の日に取った衝撃の選択【映画】
いよいよクリスマスまであと1か月ほどとなり、今年はどんなふうに過ごしたいかと考え始めている人も多いのでは? そんななかご紹介する映画は、衝撃的なクリスマスの夜を描いた話題作です。『サイレント・ナイト』【映画、ときどき私】 vol. 531イギリス人夫婦のネルとサイモンと3人の息子たちは、田舎の屋敷で...
別窓で開く

地球を30億年以上も支配している微細な生物。宇宙でもっとも危険な物質だった酸素。カンブリア紀に開花した生命の神秘。1度でも途切れたら人類は存在しなかったしぶとい生命の連鎖。地球が丸ごと凍結した絶滅から何度も繰り返されてきた大量絶滅。そして、確実に絶滅する我々人類の行方……。その奇跡の物語をダイナミッ...
別窓で開く

ボストン大で致死率の高い新型コロナの変異型が開発された可能性 米国の不審な動き
 世界保健機関(WHO)は10月19日「世界の一部では『新型コロナのパンデミックは終息した』と考えられているが、新型コロナウイルス感染症は依然として世界的な緊急事態であることに変わりはない」と警告を発した。 WHOが再び危機感を強めているのは、オミクロン型の新たな変異型による感染が世界各地で拡大しつ...
別窓で開く

米紙「露はウクライナの子供を戦利品にしている」「強制養子縁組…ジェノサイドに相当」
「自分は行きたくなかったのに、誰も私に尋ねなかったの」最近、ロシアのモスクワ近くの現地家庭に養子縁組されたアニャ(14)という名前のウクライナ人少女は、自身が望んでいないのにロシアに強制移住することになったとニューヨークタイムズ(NYT)の取材に答えた。...
別窓で開く

ユニークな商品群をそろえて製粉から総合食品会社へ——前鶴俊哉(ニップン代表取締役社長)【佐藤優の頂上対決】
 ロシアによるウクライナ侵攻が世界的な小麦価格の高騰を招き、食品の値上げラッシュが起きている。日本では円安も加わり、先行きが一層不透明になっているが、その中でいま食品会社は何を考えているのか。昨年「日本製粉」から「ニップン」に改名した老舗食品会社のこれからの事業戦略。 ***佐藤 知人の小学3年生の...
別窓で開く

「良いニュースは悪いニュース」ウォール街衝撃の雇用統計! 米株下落が日本に飛び火...1ドル=146円目前! エコノミスト「次は消費者物価指数に注目」
「良いニュースは悪いニュースだ」。2022年10月7日に発表された米国の9月雇用統計が、ウォール街に再びショックを与えた。労働事情が予想外に堅調な結果から、FRB(米連邦準備制度理事会)が容赦なく利上げを進めるとの見方が支配的になり、株価は一気に下落した。米国の動きは日本にも飛び火。...
別窓で開く

とりあえず「注視する」と言っているだけの岸田政権 エネルギー問題の解決に向け「足りないこと」
前日本銀行政策委員会審議委員でPwCコンサルティング合同会社チーフエコノミストの片岡剛士が10月10日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。日本のエネルギー問題解決に向けた岸田政権の課題について解説した。...
別窓で開く

ウクライナ危機よりも心配な米国の病 内政に潜む自滅のリスクとは
「ウクライナの不屈の闘志と西側陣営の支援でロシアに運良く勝てたとしても、浮かれていてはアメリカは過去の歴史上の失敗を繰り返すことになる」(10月5日付ニューズウイーク) このように主張するのはステイーブン・ウォルト・ハーバード大学教授だ。...
別窓で開く


[ ミック ウクライナ ロシア ] の関連キーワード

サイエンス ウォール街 ウクライナ ニップン ボストン

<前へ12345678次へ>