本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



認知症患者と接するときは、相手の言動を否定せず、できることはさせてあげることが良いとされている。だが、正解はそれしかないのだろうか。ノンフィクション作家の髙橋秀実さんが父の介護の様子を記した著書『おやじはニーチェ』より一部を紹介しよう——。(第3回)■明らかに妻にこびへつらう様子を見せた認知症の父「...
別窓で開く

【ヤクルト】村上宗隆、初スイング弾 日本一へ2年連続3冠王へ最高のキャンプイン
 WBC日本代表のヤクルト・村上宗隆内野手(23)は1日、沖縄・浦添キャンプでフリー打撃の初スイングでスタンドに放り込んだ。担当2年目の森下知玲記者が、最年少3冠王に輝いた昨季と比較して「見た」。 4番の自覚を示す放物線だった。ランチ特打の初スイングで度肝を抜いた。打球は数十台のカメラが構える右翼芝...
別窓で開く

自分のやりたいことが明確なジュニアは上達も早い【原田香里のゴルフ未来会議】
ゴルフを愛するみなさん、こんにちは。原田香里です。今日は、ジュニアゴルファーの指導についてお話をしたいと思います。以前にもお伝えしたことがあるように、私の故郷、山口県光市には、父が始めた練習場があります。私も高校生になって実家を離れるまで、ゴルフの練習に明け暮れた守和ゴルフセンターです。...
別窓で開く

勢い続かぬ小林陵=「別物」スーツに試行錯誤—スキージャンプ
 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は、オーストリアのバートミッテルンドルフで後半戦がスタートした。昨季W杯総合優勝で北京五輪金メダリストの小林陵侑(土屋ホーム)は28、29日とも2桁順位と振るわなかった。3季ぶり開催となった札幌大会(20〜22日)は3戦で2勝し、今季序盤の低迷...
別窓で開く

「M-1で笑えない」「同調圧力のニオイ」4分間で勝ち負けをつける競技に立ち向かう芸人たちの“苦悩とリアル”
「M-1」で笑えない。 ここ数年、お笑いの内外から、そんな声を聞く機会が増えました。「M-1」と漫才は別物です。4分間で勝ち負けをつける。その時点で競技である以上、勝つために技術はどんどん先鋭化していきます。 そこに加え“やさしい社会”になっていく中で笑いにも変化が求められています。これまで使ってい...
別窓で開く

トヨタ自動車の生産現場には、「よい品(しな)、よい考(かんがえ)」という標語がある。これは一体どういう意味なのか。ノンフィクション作家の野地秩嘉さんによる連載「トヨタがやる仕事、やらない仕事」。第12回は「トヨタが徹底している清掃ルール」——。■「すべてをピカピカにする」ことが目的ではないどこの会社...
別窓で開く

■YouTubeでの交代会見を「異例」とした各紙2023年1月26日、トヨタ自動車の会長、社長の交代会見が自社メディア「トヨタイムズ」内で行われた。内山田竹志会長は退任。豊田章男社長は代表取締役会長になり、執行役員の佐藤恒治さんは社長、CEOとなる。正式な決定は株主総会を経てからだ。会見の司会はテレ...
別窓で開く

ロコ・ソラーレ吉田知那美、鍛え抜かれた筋肉美を披露「これぞアスリートの鏡」「腹筋がすごい」の声
 カーリング女子で北京五輪銀メダルのロコ・ソラーレのサード・吉田知那美が27日、自身のインスタグラムを更新。鍛え抜かれた筋肉美を公開した。 吉田は「#ミズノ #ロコソラーレ」とハッシュタグを添えて、見事な筋肉美を披露。別の投稿では、トレーニングの様子を公開した。...
別窓で開く

芸能プロダクション新人採用担当者の心の中をのぞいたら【7】オーディションに合格する人の共通点を聞く
オーディションメディア40年の蓄積を誇る『デビュー/Deview』が、芸能プロダクション141社が参加する新人情報の大特集『冬の特別オーディション2023』を開催中(1月31日締め切り)。このオーディションの審査突破対策として、2022年7月に開催された『夏の特別オーディション』にも参加した芸能プロ...
別窓で開く

芸能プロダクション新人採用担当者の心の中をのぞいたら【6】いまの時代の新人に求められているのは自己プロデュース力
オーディションメディア40年の蓄積を誇る『デビュー/Deview』が、芸能プロダクション141社が参加する新人情報の大特集『冬の特別オーディション2023』を開催中(1月31日締め切り)。このオーディションの審査突破対策として、2022年7月に開催された『夏の特別オーディション』にも参加した芸能プロ...
別窓で開く


[ ミズノ ] の関連キーワード

ソラーレ ヤクルト リアル トヨタ