本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



第95回アカデミー賞ノミネート作品発表 『フェイブルマンズ』『イニシェリン島の精霊』『エブエブ』『トップガン マーヴェリック』ほか【3月12日開催】
『イニシェリン島の精霊』©2022 20th Century Studios. All Rights Reserved./『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』©︎ 2022 A24 Distribution, LLC. All Rights Res...
別窓で開く

アカデミー賞ノミネート発表! 『エブエブ』が最多10部門11ノミネート 『トップガン マーヴェリック』も6部門で候補に
現地時間1月24日、第95回アカデミー賞のノミネーションが発表された。最多ノミネートを獲得したのは『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』で10部門11ノミネートを獲得。昨年大ヒットを記録した『トップガン マーヴェリック』は作品賞など6部門で候補入りを果たし、受賞すればプロデューサーの...
別窓で開く

英国アカデミー賞ノミネート発表 最多は『西部戦線異状なし』 外国語映画として歴代最多タイ
英国映画テレビ芸術アカデミー(BAFTA)が主催する英国アカデミー賞のノミネーションが発表された。ドイツ映画『西部戦線異状なし』が最多の14部門にノミネートされ、『グリーン・デスティニー』(2000)と並び、外国語作品として史上最多の快挙となった。 現地時間1月19日に英国アカデミー賞(BAFTA)...
別窓で開く

ゴールデン・グローブ賞<映画の部> 『イニシェリン島の精霊』が3冠
第80回ゴールデン・グローブ賞授賞式が現地時間10日に行われ、映画の部では、マーティン・マクドナー監督の『イニシェリン島の精霊』が作品賞(コメディー/ミュージカル)を含む3冠を達成。スティーヴン・スピルバーグ監督の自伝的映画『フェイブルマンズ』が作品賞(ドラマ)と監督賞を受賞した。...
別窓で開く

「第80回ゴールデングローブ賞」受賞結果【映画】作品賞は『フェイブルマンズ』『イニシェリン島の精霊』
「第80回ゴールデングローブ賞」(ハリウッド外国人記者協会主催)の授賞式がロサンゼルス・ビバリーヒルトンホテルで現地時間10日に行われ、作品賞は、ドラマ部門『フェイブルマンズ』、ミュージカル・コメディ部門『イニシェリン島の精霊』がそれぞれ受賞した。また、アニメ映画賞にノミネートされていた湯浅政明監督...
別窓で開く

【消えた逸材】「新時代のプラティニ」はなぜリバプールで成功できなかったのか。37歳で引退、現在は…
アントニー・ル・タレク(FW/元フランスU-21代表)■生年月日/1984年10月3日■身長・体重/185センチ・73キロ  2001年のU-17世界選手権(現U-17ワールドカップ)を制したフランスには2人の至宝がいた。得点王と大会MVPの「ゴールデンボール」に輝いたフロラン・シナマ=ポ...
別窓で開く

メッシに続きロナウドも「代表キャリア続行の意向」と母国メディア、モドリッチも「残りたい」 W杯後も偉人たちは代表引退せず!?
35歳にして悲願のワールドカップ優勝を果たしたアルゼンチン代表の大エース、リオネル・メッシ。グループステージでサウジアラビア相手に初戦を落とし、崖っぷちに追い込まれたメキシコ戦で起死回生のミドルを決めて以降、その神がかり的な活躍ぶりでチームを牽引し、36年ぶりの栄光を母国にもたらした。...
別窓で開く

タイムスリップ気分にさせられる「王様システム」。母国をW杯制覇に導くのはメッシか、エムバペか?
 昨今のモダンフットボールは、どんどん組織化が進んでいる。全員守備・全員攻撃は当たり前で、個人よりも戦術が重んじられる傾向が極めて強い。  しかし、カタール・ワールドカップで決勝に進んだのは、アルゼンチン代表とフランス代表という「モダンフットボールなぞ知ったことか」というクラシカルなチーム...
別窓で開く

アルゼンチン対フランス。宮澤ミシェルのワールドカップ優勝予想は?「有利はフランスだけど、心情的には......」
ワールドカップ決勝について語った宮澤ミシェルサッカー解説者・宮澤ミシェル氏の連載コラム『フットボールグルマン』第256回。現役時代、Jリーグ創設期にジェフ市原(現在のジェフ千葉)でプレー、日本代表に招集されるなど日本サッカーの発展をつぶさに見てきた生き証人がこれまで経験したことや、現地で取材してきた...
別窓で開く

ゴールデン・グローブ賞<映画の部> 最多ノミネートは『イニシェリン島の精霊』 湯浅政明監督『犬王』も候補入り
現地時間12月12日、第80回ゴールデン・グローブ賞のノミネートが発表された。映画の部では、マーティン・マクドナー監督の『イニシェリン島の精霊』が作品賞と監督賞(コメディー/ミュージカル)を含む7部門8ノミネートを果たし、最多となった。アニメ作品賞には湯浅政明監督の『犬王』が候補入りしている。...
別窓で開く



<前へ123次へ>