本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



38歳で新シーズンを迎える長谷部誠に宮澤ミシェル「本当、すごい男だよな。誰もが憧れる理想像のひとつ」
サッカー解説者・宮澤ミシェル氏の連載コラム『フットボールグルマン』第259回。現役時代、Jリーグ創設期にジェフ市原(現在のジェフ千葉)でプレー、日本代表に招集されるなど日本サッカーの発展をつぶさに見てきた生き証人がこれまで経験したことや、現地で取材してきたインパクト大のエピソードを踏まえ、独自視点で...
別窓で開く

新たな連合体「欧州政治共同体」の可能性 〜欧州全体の政治的な共通意識を育む枠組みとして
東京外国語大学教授で国際政治学者の篠田英朗が6月30日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ヨーロッパにおける新たな連合体「欧州政治共同体」について解説した。...
別窓で開く

宮澤ミシェルが考える、久保建英の現在地と来季に向けて必要なこと
サッカー解説者・宮澤ミシェル氏の連載コラム『フットボールグルマン』第258回。現役時代、Jリーグ創設期にジェフ市原(現在のジェフ千葉)でプレー、日本代表に招集されるなど日本サッカーの発展をつぶさに見てきた生き証人がこれまで経験したことや、現地で取材してきたインパクト大のエピソードを踏まえ、独自視点で...
別窓で開く

今のラ・リーガの停滞感はなんなのか? 宮澤ミシェル「バルサの幻影にとらわれたツケ」
サッカー解説者・宮澤ミシェル氏の連載コラム『フットボールグルマン』第256回。現役時代、Jリーグ創設期にジェフ市原(現在のジェフ千葉)でプレー、日本代表に招集されるなど日本サッカーの発展をつぶさに見てきた生き証人がこれまで経験したことや、現地で取材してきたインパクト大のエピソードを踏まえ、独自視点で...
別窓で開く

「この娘は俺が自殺させるんだ」「サタンよ、神の力を認めよ」なぜ人は“時代遅れ”の悪魔祓いを頼るのか フランスには現役エクソシストが100人以上…
 重厚な石造のカトリック教会の地下室。蝋燭の光で照らされた白い壁を背に、僧服をまとった数人の神父が祈りを捧げる。神父の前には、うわごとを呟き視線の定まらない信者の姿がある。およそ1時間弱におよぶ儀式の最後、紫色の帯を首にかけた神父が進み出てこう叫ぶ。「現世の王子たるサタンよ、神の力を認めよ。砂漠でお...
別窓で開く

「あのアイデアは最高だった」パラグアイ戦で鎌田大地が見せたパスを宮澤ミシェルが絶賛
サッカー解説者・宮澤ミシェル氏の連載コラム『フットボールグルマン』第255回。現役時代、Jリーグ創設期にジェフ市原(現在のジェフ千葉)でプレー、日本代表に招集されるなど日本サッカーの発展をつぶさに見てきた生き証人がこれまで経験したことや、現地で取材してきたインパクト大のエピソードを踏まえ、独自視点で...
別窓で開く

欧州王者撃破でメッシは手応え! アルゼンチン国内では“南米軽視”のエムバペに手厳しい反論も「“嘘”を終わらせてやろう」
現地時間6月1日、EURO2020とコパ・アメリカ2021のそれぞれの王者によって雌雄を決する「フィナリッシマ」がイングランドのウェンブリー・スタジアムで行なわれ、アルゼンチン代表が3-0でイタリア代表を下した。 かつて「アルテミオ・フランキ・トロフィー」という大会名で2試合が行なわれ、1985年に...
別窓で開く

冨安健洋のバックアッパーになれるか? 代表初招集の伊藤洋輝に宮澤ミシェルが注目
サッカー解説者・宮澤ミシェル氏の連載コラム『フットボールグルマン』第253回。現役時代、Jリーグ創設期にジェフ市原(現在のジェフ千葉)でプレー、日本代表に招集されるなど日本サッカーの発展をつぶさに見てきた生き証人がこれまで経験したことや、現地で取材してきたインパクト大のエピソードを踏まえ、独自視点で...
別窓で開く

トルコがフィンランドとスウェーデンのNATO加盟に反対する「本当の理由」
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が5月20日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。トルコがフィンランドとスウェーデンのNATO加盟に反対する理由について解説した。...
別窓で開く

歴史家マルレーヌ・ラリュエルの『ファシズムとロシア』(翻訳:浜由樹子/東京堂出版)は、原題の“Is Russia Fascist?(ロシアはファシストか?)”のとおり、現在のロシアを「ファシズム」と定義できるかを論じている。この問題を考える前段として、ソ連崩壊後に、中東欧やバルト三国から提起された「...
別窓で開く



<前へ1234次へ>