本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



トルコがフィンランドとスウェーデンのNATO加盟に反対する「本当の理由」
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が5月20日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。トルコがフィンランドとスウェーデンのNATO加盟に反対する理由について解説した。...
別窓で開く

歴史家マルレーヌ・ラリュエルの『ファシズムとロシア』(翻訳:浜由樹子/東京堂出版)は、原題の“Is Russia Fascist?(ロシアはファシストか?)”のとおり、現在のロシアを「ファシズム」と定義できるかを論じている。この問題を考える前段として、ソ連崩壊後に、中東欧やバルト三国から提起された「...
別窓で開く

30年ぶりトム・クルーズに熱狂…「カメ止め」女優も「キャメ止め」で晴れ舞台「ほんまにいいご縁」
 南仏カンヌで17日、開幕した第75回カンヌ国際映画祭。オープニング作品として上映された「キャメラを止めるな!」は万雷の拍手を浴び、さらに、トム・クルーズさんが待望の新作「トップガン マーヴェリック」を引っ提げて登場しました。熱狂は増すばかりです。...
別窓で開く

前沢友作氏所有の絵画、109億円で落札=62億円で購入のバスキア作品—NY
 【ニューヨーク時事】実業家の前沢友作氏が2016年5月に購入した米画家ジャンミシェル・バスキア(1960〜88年)の無題の絵画(82年)が18日、ニューヨークでオークションに掛けられ、競売商フィリップスによると、8500万ドル(約109億円)で落札された。前沢氏はこの絵を約5730万ドル(当時のレ...
別窓で開く

前澤友作氏 オークションに出品していたバスキア作品が110億円で落札されたことを報告
衣類通販大手ZOZOの創業者でスタートトゥデイ社長の前澤友作氏(46)が19日、ツイッターを更新。オークションに出品していた米国人画家ジャン・ミシェル・バスキアの作品が約110億円で落札されたことを報告した。前澤氏はオークションサイトの画像をアップし、「オークションに出品していたバスキアの作品が先ほ...
別窓で開く

カンヌ映画祭 開幕上映フランス版「カメ止め」に場内爆笑!出演の竹原芳子、万雷の拍手に涙
 フランスの第75回カンヌ国際映画祭の開幕上映は大ヒットした日本映画「カメラを止めるな!」をリメークした、フランスのミシェル・アザナビシウス監督による「キャメラを止めるな!」が飾った。会場は爆笑に包まれた。 両作品に出演した竹原芳子(62)もレッドカーペットに登場。上映後、観客から約5分間拍手が送ら...
別窓で開く

「カメ止め!」リメイク作品がカンヌ国際映画祭でオープニング上映
 2018年の映画で、日本で興行収入32億円超を記録するなど社会現象となった「カメラを止めるな!」(上田慎一郎監督)をリメイクした「キャメラを止めるな!」が17日(日本時間18日)に開幕した第75回「カンヌ国際映画祭」で、オープニング作品としてプレミア上映された。...
別窓で開く

“カメ止め”竹原芳子、カンヌに降臨 リメイク版『キャメラを止めるな!』レッドカーペットに「ワクワク」
2018年に社会現象を巻き起こした映画『カメラを止めるな!』を『アーティスト』のミシェル・アザナヴィシウス監督がリメークした『キャメラを止めるな!』が、第75回カンヌ国際映画祭にてオープニング作品としてプレミア上映され、オリジナル『カメ止め!』に続き無茶ぶりプロデューサー役を演じた竹原芳子も姿を見せ...
別窓で開く

 【カンヌ=松田拓也】南仏カンヌで17日夜(現地時間)、第75回カンヌ国際映画祭の開幕式が行われ、仏のミシェル・アザナビシウス監督(55)が上田慎一郎監督(38)のヒット作をリメイクした「キャメラを止めるな!」がオープニング作品として上映された。...
別窓で開く

竹原芳子「最高に幸せな瞬間」 『カメラを止めるな!』リメイク作『キャメラを止めるな!』カンヌ国際映画祭オープニングでプレミア上映
社会現象を巻き起こした『カメラを止めるな!』をリメイクした『キャメラを止めるな!』が、日本時間5月18日早朝、第75回「カンヌ国際映画祭」にて、オープニング作品としてプレミア上映された。原作は2018年、熱狂的な口コミが日本列島を駆け巡り、観客動員数220万人・興行収入32億円を突破。...
別窓で開く