本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【本棚を探索 JIL-PT・濱口桂一郎選集(2022年上半期)】『資本主義だけ残った』『冤罪と人類 道徳感情はなぜ人を誤らせるのか』『実力も運のうち 能力主義は正義か?』ほか
労働新聞で好評連載中の書評欄『本棚を探索』から、2022年の上半期に公開した濱口桂一郎さんご執筆のコラムをまとめてご紹介します。『資本主義だけ残った』ブランコ・ミラノヴィッチ 著昔のキャラメルのCMではないが、1冊で2度おいしい本だ。...
別窓で開く

【本棚を探索】第1回『資本主義だけ残った』ブランコ・ミラノヴィッチ 著/濱口 桂一郎
■中国の有り様も分析 昔のキャラメルのCMではないが、1冊で2度おいしい本だ。1つ目はアメリカをはじめとする今日の西側の資本主義を「リベラル能力資本主義」と規定し、それがもたらすシステム的な不平等と、それがなまじ能力による高い労働所得に基づくがゆえに旧来の福祉国家的な手法では解決しがたいパラドックス...
別窓で開く


<前へ1次へ>