本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



市川団十郎白猿 襲名後初写真集「EBIZO」の期待度…披露興行の起爆剤になるか
((撮影)半沢健/講談社) 13代目市川団十郎白猿(45)の写真集「EBIZO」が2月8日に講談社から発売されることが明らかになった。 イッセイミヤケの広告やYUKI、きゃりーぱみゅぱみゅらのアーティスト写真を手がける写真家・半沢健氏が6年にわたって撮影。長女の市川ぼたん(11)、長男の市川新之助(...
別窓で開く

西村宏堂さんという人を知っていますか? LGBTQ活動家、僧侶、NYの名門パーソンズ美術大学出身のアーティストと、3つの肩書を持ち、アメリカTIME誌が選ぶ世界の「次世代リーダー」21人の1人にも選出。一昨年夏に出版された著書『正々堂々 私が好きな私で生きていいんだ』は、7つの言語による翻訳版も出版...
別窓で開く

「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」2023年春開催、音楽イベントにサリフ・ケイタが来日公演
毎春、GW期間を中心に京都の歴史的建造物や近代・現代建築の空間を会場に行われてきた「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」の第11回概要が発表された。期間は2023年4月15日から5月14日、「BORDER=境界線」をテーマに、京都文化博物館別館、二条城・二の丸御殿台所、両足院、八竹庵(旧川崎家...
別窓で開く

イッセイ ミヤケとのコラボ作品も! イッタラ140年の歴史を振り返る展覧会
1881年にフィンランド南部のイッタラ村に設立されたガラス工場からスタートし、今や国を代表するライフスタイルブランドとなったイッタラ。過去にはアルヴァ・アアルトやカイ・フランクら偉大な建築家やデザイナーを輩出。今や世界のデザイン通が注目する存在だ。140年の歴史からデザインの美学に迫る。...
別窓で開く

MoMA Design Store表参道でバオ バオ イッセイ ミヤケの「KURO」シリーズを特集したポップアップを開催
ニューヨーク近代美術館 MoMAのミュージアムショップ、MoMA Design Store は、2022年9月9日 〜 30日 まで、表参道ストアにて「BAO BAO ISSEY MIYAKE」の「KURO」シリーズを特集したPop-Upイベントを開催いたします。...
別窓で開く

スティーブ・ジョブズはなぜ「ミヤケ」を選んだのか?! 海外メディアが称賛する三宅一生氏の功績(井津川倫子)
世界的に活躍したファッションデザイナーの三宅一生氏が亡くなりました。時代を作った天才デザイナーに各国著名人が哀悼の意を示していますが、驚くのは海外メディアの報道ぶりです。ありとあらゆる言語で「MIYAKE」の死を悼むニュースが速報で流れましたが、とりわけ注目を集めているのが、Appleの共同創業者ス...
別窓で開く

『イッセイミヤケ』三宅一生さん亡くなる 2010年に文化勲章受章
2022年8月9日、ファッションデザイナーの三宅一生さんが同月5日、亡くなっていたことが分かりました。84歳でした。三宅さんは、大学在学時から衣服のデザインを始め、卒業後に渡仏。オートクチュールの学校で学び、その後、渡米しています。帰国後は、三宅デザイン事務所を設立し、『イッセイミヤケ』のデザイナー...
別窓で開く

milet、今夏の音楽フェスでは「この3年で成長したところを見てもらいたい」
メジャーデビューした2019年に、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」で、初めて野外フェスのステージに立ったmiletさん。「フェスはリハーサルがなくてぶっつけ本番。私は入念に準備したいタイプなので、かなり緊張していました。バンドのメンバーに『楽しめばいい』って言ってもらい、気がラクにな...
別窓で開く

伊藤沙莉、KERA舞台で“昭和の笑い”に触れ「じつはコテコテこそ一番難しいかも」
舞台『世界は笑う』は、昭和30年代初頭の混沌とした時代に生きる喜劇人たちと、彼らを取り巻く人々との群像劇。これまでもさまざまな形で喜劇や喜劇人に焦点を当ててきたケラリーノ・サンドロヴィッチ(以下、KERA)さんが描く今作に、伊藤沙莉さんが参加する。KERAさんの笑いの間を知って、自分の新たな世界が切...
別窓で開く

創業155年の傘生地屋がつくる、折りたたみタイプの紳士用日傘
株式会社 槙田商店は、創業以来、自社ブランドとしては初となる、折りたたみタイプの紳士用日傘「Shade」を発表します。山梨ハタオリ産地伝統の郡内織・先染めジャカード生地を使用。遮熱・遮光・UVカット効果も発揮する、機能性とおしゃれさを兼ね備えた1本です。落ち着いた色合いと品のある生地は、ビジネスシー...
別窓で開く



<前へ123次へ>