本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ホンダが5月24日の朝11時から東京都港区の本社で会見を開き、2026年シーズンからのF1復帰を発表した。そう書くと、まず想像してしまうのが「こないだ撤退したばかりじゃない?」とか、あるいは「えっ、今もやってるよね?」といった反応だ。正確にはホンダは2020年10月にF1への「参戦終了」を発表。20...
別窓で開く

ホンダは2023年5月24日、青山本社で記者会見し「F1復帰」を正式発表した。とはいっても、今回の発表はアストンマーティン(正式名称:Aston Martin Aramco Cognizant Formula One Team)に対する2026年からのパワーユニット供給であり、その前年の2025年ま...
別窓で開く

新体制下でのドライバーは!? ホンダが2026年からのF1復帰&アストンマーティンとのワークス契約を発表!
2021年をもってF1を撤退したホンダが、2026年に復帰することを発表。5月24日、本田技研工業株式会社が記者会見を行ない、F1チームのアストンマーティンとワークス契約を結ぶことで合意したことを明らかにした。...
別窓で開く

近藤真彦が日本のトップフォーミュラ再興にかける熱い思い「ダメ元とは思っていないし、必ずチャレンジする!」【後編】
左から、JRPの上野禎久社長、HRC(ホンダ・レーシング)の渡辺康治社長、JRP新会長に就任した近藤氏、トヨタの佐藤恒治社長日本最高峰のスーパーフォーミュラ(SF)を運営する日本レースプロモーション(JRP)の新会長に就任した近藤真彦氏。...
別窓で開く

F1勢力図2023を開幕3戦から分析「レッドブル23戦全勝の恐れ」「フェラーリは速さが足りない」「アルファタウリは最下位マシン」
 2023年シーズンが開幕して3戦が終わり、F1は中国GPのキャンセルによって生じた1カ月間の"春休み"に入っている。2月下旬の開幕前テストから1カ月間の濃密な戦いのなかで見えてきた2023年の勢力図について、ここで改めて整理しておこう。 開幕当初はレッドブルのあまりの速さに「今シーズンはレッドブル...
別窓で開く

【MotoGP】唯一の日本人ライダー・中上貴晶は今年こそ初の表彰台に立てんのか?
時速360キロにも達するMotoGPマシン。ゼッケン30のホンダRC213Vを駆る中上貴晶。マシンのセットアップと電子制御が大きく改善され、開幕ダッシュが期待できる参戦6年目の今季もLCRホンダ・イデミツから王者を目指す中上貴晶。まさに勝負の年である。...
別窓で開く

ホンダがホンダであるために「やる、辞めるの繰り返しじゃダメなんです」…2026年再始動に向けて「心が動く」要素は揃った
ホンダF1の未来(後編)<2026年編>◆ホンダF1の未来・前編>>ホンダの「世界一のF1パワーユニット」はいかにして生まれたか? レッドブルは2026年からフォードと提携し、レッドブル・フォード・パワートレインズとしてパワーユニットを供給する──。2023年2月3日、ニューヨークの新車発表会で突如...
別窓で開く

「本当に助けてくれるのは変な人」…ホンダの世界一のF1パワーユニットはいかにして生まれたか?
ホンダF1の未来(前編)<2023年編> 2023年の開幕戦バーレーンGPは、レッドブルがワンツーフィニッシュで独走勝利を飾った。ライバルを圧倒するそのマシンに搭載されているパワーユニットには、『ホンダRBPTH001』という名前が冠されている。 MADE IN JAPAN──。 栃木県のHRC S...
別窓で開く

なぜホンダはF1で再び世界一を獲れたのか? 【F1開幕対談】HRC・浅木泰昭×堂本光一
中東バーレーンで2023シーズンのF1世界選手権が開幕。スタートで先頭を走るM・フェルスタッペン3月5日、中東のバーレーンで開幕した2023年のF1世界選手権。...
別窓で開く

クルマの性能を証明するモータースポーツの熱さは健在!「東京オートサロン」レポート
「東京オートサロン」はそもそもチューニングカーのお祭り的な性格をもって始まったイベント。2023年も、モータースポーツの雰囲気は濃厚でした。■ ■【トヨタ】世界ラリー選手権ドライバー監修モデルたとえば、トヨタのガズーレーシングが発表した、GRヤリスRZ ハイパフォーマンスの(さらなる)スポーツバージ...
別窓で開く


<前へ12次へ>