本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



トレードの可能性や日本での合宿参加の負担、そして怪我…大谷翔平のWBC出場を妨げる「要素」とは?<SLUGGER>
「選んでもらえるのであれば、プレーしたい気持ちはもちろんあります」。7月20日、大谷翔平(エンジェルス)はこのように語り、来年3月に開催される第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)出場に意欲的な姿勢を示した。日本ハム時代の恩師だった栗山英樹が侍ジャパンの監督を務めることも大きな要因のよう...
別窓で開く

大谷翔平とトラウトのWBC出場は「心配していない」。 ネビン監督代行が来季直前の“選手派遣”に言及「彼らはプロフェッショナルだ」
はやくもメジャーリーガーたちの参加可否に注目が寄せられている。来年3月に開幕予定のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)だ。【動画】センターへの大飛球! 大谷翔平が放った26号ソロをチェック 約6年ぶりに開かれる同トーナメントへ向けて、先月のオールスター期間には、ロサンゼルス・エンジェルスのマ...
別窓で開く

アストロズ右腕の母国メディアでも“ゆりかご再現”が話題に! 大谷翔平の魅力的な人間性を称賛「人柄をよく表している」
サムライが披露した“モノマネ”は相手の母国メディアにも反響を広げている。【動画】相手投手も爆笑! 大谷翔平の“ゆりかご投法”モノマネをチェック 現地時間7月14日、本拠地でのヒューストン・アストロズ戦を前に、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平が、コミ...
別窓で開く

いずれは日本の高校生も対象に? MLBが構想する「インターナショナル・ドラフト」の“理想と現実”<SLUGGER>
予定より1週間遅れで日本時間4月8日、MLBは開幕を迎える。昨年オフからの労使交渉の長期的な泥沼化を避けられたのは何よりだが、ある重要なテーマが7月25日までの「継続審議」となった。インターナショナル・ドラフトだ。 現状、アメリカ、カナダ、プエルトリコに居住して「ルール・フォー・ドラフト」、いわゆる...
別窓で開く

元ヤクルト・風張蓮も米国へ“輩出”。「アジアンブリーズ」が提供する、アメリカ球界への新たな『移籍』の形
MLBのロックアウトが明け、広島からポスティングシステムで移籍を目指す鈴木誠也の動向が注目される一方、いち早く渡米し、アメリカ球界から這い上がろうとしている日本人選手たちがいる。 とりわけ興味深い選択をしたのが、昨季限りでDeNAを契約満了となった右腕投手・風張蓮だ。社会人野球やメキシコのプロ球団か...
別窓で開く

鷹新助っ人候補ガルビスはどんな選手? パンチ力が魅力の両打ち遊撃手で、MLB屈指の名左腕キラー<SLUGGER>
日本球界では、昔から「助っ人外国人選手=長距離砲」が定番となっているが、最近はそんな印象を覆す選手が出てきている。 2020年はアルシデス・エスコバー(ヤクルト)、そして今季はアデイニー・エチェバリア(ロッテ)と、MLBでも正遊撃手を務めた実績のある選手が来日した。今回、ソフトバンク入りが報道されて...
別窓で開く

セーブ王・スアレスの2年7億円での阪神残留に対する海外メディアの報道は?「MLB複数球団からの関心が高まっていたが…」
タイガースファンに一足早い“クリスマスプレゼント”が届いた。今季25セーブを記録して最多セーブを獲得したロベルト・スアレスが、阪神と2年675万ドル(約7億円)で契約に合意したと、『MLBネットワーク』のジョン・モロシ記者が報じている。...
別窓で開く

【プエルトリコ野球“復権”の理由:後編】“新時代の育成法”で好選手を輩出
数多くの名選手を輩出しながら、一時は危機に瀕していたプエルトリコ野球。しかし、2013年、17年のWBCで2回連続準優勝を果たすなど、近年は再び勢いを取り戻している。そこには一体どんな要因があるのか?中南米野球取材をライフワークとする気鋭のライターが“復権”の理由を探る。...
別窓で開く


<前へ1次へ>