本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「バイデン政権が 北朝鮮・イラン制裁政策を “再検討”」…「夏の終わりには “発表”」=米メディア
ジョー・バイデン米政権は、北朝鮮・イランなどの敵性国家に対する「新たなアプローチ方式」を推進している。米ウォールストリートジャーナル(WSJ)は6日、消息筋からの引用で「バイデン政権が 米国の制裁政策に対する広範囲な検討を ほとんど完了し、夏の終わり頃には 最終完成するだろう」と報道した。...
別窓で開く

米政府、コロナを理由に「来年の難民受け入れ」1万5000人だけを「入国許可」
ドナルド・トランプ行政府は2021会計年度で、難民1万5000人だけの入国を許可する計画だと、きのう(9月30日)伝えた。これは米国による難民定着プログラムにおいて史上最低の人数として、ジョー・バイデン民主党大統領候補が約束した人数の12%にしかすぎない。...
別窓で開く


<前へ1次へ>